現在位置 : トップページ > 国際政策 > 関連資料・データ > 本邦対外資産負債残高 > 平成30年末現在本邦対外資産負債残高の概要

報道発表

令和元年5月24日

財務省

平成30年末現在本邦対外資産負債残高の概要

 財務省は、本日、平成30年末現在の対外の貸借に関する報告書(本邦対外資産負債残高)を取りまとめましたので、公表いたします。

 本邦対外資産負債残高の概要は以下のとおりです。

1.対外資産残高:1,018兆380億円(対前年末比+4兆6,740億円、+0.5%)

 直接投資や非居住者に対する貸付等が増加したことから、対外資産残高は10年連続で増加した。

2.対外負債残高:676兆4,820億円(対前年末比▲7兆5,800億円、▲1.1%)

 非居住者が保有する本邦株式の価格下落等による負債の減少により、対外負債残高は9年振りに減少した。

3.対外純資産残高:341兆5,560億円(対前年末比+12兆2,540億円、+3.7%)

 対外資産が増加した一方、対外負債が減少したため、対外純資産残高は2年振りに増加した。

(参考)本邦対外資産負債残高の内訳

(単位:10億円)
(参考)本邦対外資産負債残高の内訳
資産30年末残高前年末比負債30年末残高前年末比
直接投資181,7046,563直接投資30,7111,785
証券投資450,844▲12,752証券投資351,269▲25,451
金融派生商品32,166▲1,714金融派生商品30,723▲3,248
その他投資213,04814,707その他投資263,77819,334
外貨準備140,276▲2,130
資産合計1,018,0384,674負債合計676,482▲7,580
純資産合計341,55612,254

問い合わせ先

財務省 国際局 為替市場課 国際収支第1係
Tel 03-3581-4111(内線2860 2888)