現在位置 : トップページ > 国際政策 > 国際開発金融機関(MDBs)〜世界銀行、アジア開発銀行等〜 > アジア開発銀行(ADB) > 「貧困削減日本基金」の設立について

「貧困削減日本基金」の設立について

English

新聞発表

平成12年5月23日

大蔵省

「貧困削減日本基金」の設立について

1.  アジア開発銀行(ADB)は、本日の理事会において、ADBの融資案件と関連した貧困削減・社会開発活動をグラント・ベースで支援するための「貧困削減日本基金」の設立を承認しました。
2.  本基金は、ADBの貧困削減戦略(昨年11月発表)を側面から支援する目的で設立されるものであり、我が国は、本年度中に100億円を拠出する予定です。(世界銀行においても、同様の基金が設立される予定。)
3. なお、本基金への拠出については、今月6日から8日の間チェンマイにて開催されたADB年次総会における宮澤大蔵大臣の総務演説でも触れられています。

(以上)

 

連絡・問合せ先
  大蔵省国際局開発機関課 第2係
 電話:03-3581-4111(内線2916)
   03-3580-3238(夜間直通)


 

【別 紙】

貧困削減日本基金の概要

 

1.目的

   ADB加盟途上国における貧困対策を支援するものであり、以下を目的とする。
(1) 貧困層・社会的弱者に直接的な効果を与える貧困削減・社会開発活動支援
(2) 貧困層の自助能力向上
(3) 地域社会レベルにおける関係者の参加促進
(4) 持続可能な貧困削減に向けての加盟途上国の業務支援

 

2.支援対象

   ADBの融資案件と密接な関係を有し、当該融資案件の効果を高める以下のような貧困削減・社会開発活動をグラント・ベースで支援する。
(1) 貧困層に対する基本的社会サービスの提供に対する支援
(地域社会レベルの小規模インフラ、衛生、診療所、職業訓練所、等)
(2) 社会開発基金への支援
(学校、診療所、職業訓練所、マイクロファイナンス、等)
(3) NGOによる貧困削減・社会開発活動の支援
(案件実施等への住民の参加促進、等)
(4) 地方政府・市民社会の能力強化支援

 

3.予算措置

   平成12年度予算;   100億円