現在位置 : トップページ > 国際政策 > 主要な国際会議・二国間協議 > 7か国財務大臣・中央銀行総裁会議(G7) > 7か国財務大臣・中央銀行総裁会議(2015年) > ウクライナに関するG7財務大臣声明(2015年3月5日)

ウクライナに関するG7財務大臣声明(2015年3月5日)

English 印刷用(PDF)

【仮訳】

 我々、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、日本、英国、及びアメリカ合衆国の財務大臣、及び欧州委員会の経済・金融担当委員は、ウクライナ政府が、改定された予算案と経済改革の包括的パッケージを議会に提出するため、迅速かつ断固たる行動をとったことを歓迎する。

 この法的措置は、IMFとウクライナ政府が2月12日に達した原則的な合意に沿って、野心的な改革アジェンダを実施するウクライナの強固な決意を明確に示す。この法的措置は、IMFの4年間の拡大信用供与措置により下支えされる新たな経済改革プログラムに関する事前行動の実施に向けた大きな進展である。

 G7は、近日中に予定されているIMF理事会による、ウクライナのプログラムに対する前向きな検討を期待する。プログラムは、進行中の野心的な経済改革プロセスにおいて、迅速にウクライナを支援するため、前倒しされた追加的融資を提供する。このプログラムはG7及び他のパートナーによる十分な資金支援によっても支えられ、開発金融機関による支援を触媒する。

 我々の見解では、ウクライナの経済改革アジェンダは、ウクライナにおける迅速な経済安定化、及び中期的に強固な成長を回復しウクライナ国民の生活水準を改善するための一連の大胆な政策改革を支えるための全ての必要な要素を含む。

 我々は、ウクライナが野心的な改革アジェンダの実施に成功することを確信している。改革プログラムとその迅速な実施は、同時に、金融市場とウクライナ通貨に対する信頼を高める。この文脈において、我々は、2015年3月3日にウクライナ当局によって発表された金融政策行動を、外国為替市場における圧力の減少に向けた有効なステップとして歓迎する。

 国際社会は、この歴史的に重要な局面において改革を実施するウクライナを支える用意がある。

 

【原文】

We, the Finance Ministers of Canada, France, Germany, Italy, Japan, the United Kingdom, and the United States, and the Commissioner for Economic and Financial Affairs of the European Commission welcome that the Ukrainian government has taken speedy and decisive action to bring to its Parliament both a revised draft budget and a comprehensive package of economic reforms.

This legislative action underscores Ukraine’s strong determination to implement an ambitious reform agenda in line with the recent agreement in principle reached on the 12th of February by the IMF and the government of Ukraine. This legislation makes significant progress toward implementing the prior actions on a new economic reform program that will be supported by a four-year IMF Extended Fund Facility.

The G7 look forward to a positive consideration of the Ukrainian program by the IMF Executive Board in the coming days. The program will provide front loaded additional financing to swiftly help Ukraine with the ongoing ambitious economic reform process. This program is also backed by substantial financial assistance from G-7 and other partners, and it will catalyze support from the multilateral development banks.

In our view Ukraine’s economic reform agenda includes all the necessary elements to support immediate economic stabilization in Ukraine as well as a set of bold policy reforms aimed at restoring robust growth over the medium term and improving the living standards of the Ukrainian people.

We are confident that Ukraine will successfully implement its ambitious reform agenda. Both the reform program and its swift implementation will at the same time boost confidence in financial markets and in the Ukrainian currency. In this context, we welcome the monetary policy actions announced by the Ukrainian authorities on March 3, 2015 as a useful step toward reducing pressures on the foreign exchange market.

The international community stands ready to back Ukraine as it implements reforms at this critical moment in its history.