現在位置 : トップページ > 国庫 > 関連資料・データ > 国庫の状況報告書 > 平成30年度 第2・四半期

平成30年度第2・四半期国庫の状況報告書(財務省調査)

第1 財政資金対民間収支

平成30年度第2・四半期の財政資金対民間収支は、前年同期(30兆1,966億円の受取超過)に比べ、1兆7,995億円受取超過額が減少して28兆3,971億円の受取超過となった。収入は、前年同期(162兆155億円)に比べ、5兆586億円減少して156兆9,569億円となった。一方、支出は、前年同期(131兆8,189億円)に比べ、3兆2,591億円減少して128兆5,598億円となった。

以下、主な項目についてみると次のとおりである。

1 一般会計(別表1参照)

△印は支払超過 (単位 億円)

一般会計の収支
区分平成30年度第2・四半期前年同期
収入支出差引き収入支出差引き
租税184,35043,649140,701177,10442,298134,806
税外収入5,397-5,3975,910-5,910
社会保障費-43,727△43,727-43,603△43,603
地方交付税交付金6,95546,104△39,1496,06646,230△40,164
防衛関係費-11,358△11,358-11,647△11,647
公共事業費-5,602△5,602-6,073△6,073
義務教育費-2,811△2,811-2,811△2,811
その他支払-20,999△20,999-21,017△21,017
196,701174,25022,451189,080173,67915,401

期中における一般会計の収支は、上表のとおり、2兆2,451億円の受取超過であって、前年同期(1兆5,401億円の受取超過)に比べ、7,050億円受取超過額が増加した。

その内訳をみると、収入は、租税が前年同期(17兆7,104億円)に比べ、7,246億円増加して18兆4,350億円となったこと等により、前年同期(18兆9,080億円)に比べ、7,621億円増加して19兆6,701億円となった。一方、支出は、租税が前年同期(4兆2,298億円)に比べ、1,351億円増加して4兆3,649億円となったこと等により、前年同期(17兆3,679億円)に比べ、571億円増加して17兆4,250億円となった。

2 特別会計等(別表1参照)

△印は支払超過 (単位 億円)

特別会計等の収支
区分平成30年度第2・四半期前年同期
収入支出差引き収入支出差引き
財政投融資53,23222,05331,17953,78523,27530,510
外国為替資金16,60919,241△2,63225,53625,189347
保険134,806129,4965,310130,166124,0086,158
その他8,09250,052△41,95921,34865,200△43,852
212,739220,842△8,102230,836237,672△6,836

期中における特別会計等の収支は、上表のとおり、8,102億円の支払超過であって、前年同期(6,836億円の支払超過)に比べ、1,266億円支払超過額が増加した。

収入は、前年同期(23兆836億円)に比べ、1兆8,096億円減少して21兆2,739億円となった。一方、支出は、前年同期(23兆7,672億円)に比べ、1兆6,830億円減少して22兆842億円となった。

主な項目についてみると次のとおりである。

(1) 財政投融資特別会計(別表2参照)

財政投融資の収支は、3兆1,179億円の受取超過であって、前年同期(3兆510億円の受取超過)に比べ、669億円受取超過額が増加した。収入は、前年同期(5兆3,785億円)に比べ、554億円減少して5兆3,232億円となった。一方、支出は、前年同期(2兆3,275億円)に比べ、1,222億円減少して2兆2,053億円となった。

(2) 外国為替資金特別会計(別表3参照)

外国為替資金の収支は、前年同期の347億円の受取超過から、2,632億円の支払超過となった。収入は、前年同期(2兆5,536億円)に比べ、8,927億円減少して1兆6,609億円となった。一方、支出は、前年同期(2兆5,189億円)に比べ、5,948億円減少して1兆9,241億円となった。

(3) その他の特別会計等

その他の特別会計等の収支のうち、主な項目についてみると次のとおりである。

保険の収支は、収入13兆4,806億円、支出12兆9,496億円、差引き5,310億円の受取超過であって、前年同期(6,158億円の受取超過) に比べ、848億円受取超過額が減少した。

3 国債等・国庫短期証券等(別表1参照)

△印は支払超過 (単位 億円)

国債等及び国庫短期証券等の発行(借入)・償還状況
区分平成30年度第2・四半期前年同期

発行

(借入)

償還差引き

発行

(借入)

償還差引き
国債等335,828142,768193,060345,046152,363192,683
 国債(1年超)314,862121,302193,560323,595133,412190,184
借入金20,96621,466△50121,45118,9522,499
国庫短期証券等802,992729,49373,499833,391734,17499,217
 国庫短期証券687,491613,99273,499717,890618,67399,217
一時借入金115,501115,5010115,501115,5010

国債等及び国庫短期証券等の発行(借入)・償還状況は、上表のとおりである。

国債等の収支は、19兆3,060億円の受取超過であって、前年同期(19兆2,683億円の受取超過)に比べ、377億円受取超過額が増加した。国債(1年超)の収支は、発行31兆4,862億円、償還12兆1,302億円、差引き19兆3,560億円の受取超過であった。借入金の収支は、借入2兆966億円、償還2兆1,466億円、差引き501億円の支払超過であった。

国庫短期証券等の収支は、7兆3,499億円の受取超過であって、前年同期(9兆9,217億円の受取超過)に比べ、2兆5,718億円受取超過額が減少した。国庫短期証券の収支は、発行68兆7,491億円、償還61兆3,992億円、差引き7兆3,499億円の受取超過であった。一時借入金の収支は、借入11兆5,501億円、償還11兆5,501億円、差引き0億円の受取超過であった。

(参考) 実質収支

上で述べた財政資金対民間収支は、各会計等と民間との間における収入支出(窓口収支)のみをとらえたものであるが、各会計等の収支の実態をみるため、これに各会計等相互間の収支(国庫内振替収支)を加えた実質収支を示すと、次のとおりである。

△印は支払超過 (単位 億円)

実質収支
区分

窓口収支

 

(A)

国庫内振替収支

 

(B)

(実質収支)

(A)+(B)

一般会計22,451△57,165△34,714
特別会計等△8,10261,60353,501
財政投融資31,179△12,53618,643
外国為替資金△2,6321,928△704
保険5,310△7,461△2,151
その他△41,95979,67237,713
小計14,3494,43818,787
国債等193,060△10,945182,115
国債(1年超)193,560△7,651185,909
借入金△501△3,294△3,794
国庫短期証券等73,4996,50780,006
国庫短期証券73,499-73,499
一時借入金06,5076,507
合計280,908-280,908
調整項目3,063-3,063
総計283,971-283,971

(注)1.「一般会計」には、交付税及び譲与税配付金特別会計が含まれている。

2.「調整項目」とは、国庫金が日本銀行代理店の窓口で受払される時点と、日本銀行本店の政府貯金が増減する時点との時間的なズレの調整等のための項目である。

3.(B)欄以下の内訳の数字は暫定的なものであって、後に若干変更することがある。

第2 国庫対日銀収支(別表4及び別表6参照)

△印は支払超過 (単位 億円)

国庫対日銀収支
区分

平成30年度

第2・四半期

前年同期
国庫短期証券の発行・償還(△)△108,681△133,796
特別会計の債券売・買(△)--
財政投融資--
国債整理基金--
その他△127,616△126,070
△236,296△259,867

期中における国庫対日銀収支は、上表のとおり、23兆6,296億円の支払超過であって、前年同期(25兆9,867億円の支払超過)に比べ、2兆3,570億円支払超過額が減少した。

その内容についてみると次のとおりである。

1 国庫短期証券の発行・償還

国庫短期証券の発行・償還による日本銀行との間の資金調達・資金返済状況をみると、資金調達3,606億円、資金返済11兆2,287億円、差引き10兆8,681億円の支払超過であって、前年同期(13兆3,796億円の支払超過)に比べ、2兆5,116億円支払超過額が減少した。

2 特別会計の債券売・買

特別会計と日本銀行との間の債券売・買はなかった。なお、前年同期も、特別会計と日本銀行との間の債券売・買はなかった。

3 その他

国庫と日本銀行との間の経常収支は、12兆7,616億円の支払超過であって、前年同期(12兆6,070億円の支払超過)に比べ、1,545億円支払超過額が増加した。

第3 政府預金(別表5及び別表6参照)

財政資金対民間収支(28兆3,971億円の受取超過)から政府預金の増減に関係のない調整項目(3,063億円の受取超過)を除いた収支は、28兆908億円の受取超過であった。また、国庫対日銀収支は、23兆6,296億円の支払超過であった。その結果、政府預金の期末残高は、前期末(8兆538億円)に比べ、4兆4,611億円増加して12兆5,150億円となった。

別表(Excel:95KB)