現在位置 : トップページ > 関税制度 > 貿易の秩序維持と発展のための取り組み > 国際的な取組み > WCO(世界税関機構) > WCOアジア大洋州地域セキュリティカンファレンスが京都で開催されます

報道発表

平成31年4月25日

財務省

WCOアジア大洋州地域セキュリティカンファレンスが京都で開催されます

テロ対策における外国税関との協力を一層強化することを目的として、本年5月にWCO(世界税関機構)アジア大洋州地域セキュリティカンファレンスが京都で開催されます。

この会議では、我が国と地理的・経済的結びつきの強いアジア大洋州地域を中心とする各国の税関当局の責任者が一同に会し、税関のテロ対策について集中的に議論を行う予定です。

  1. 開催日
    5月28日(火)〜30日(木)
  2. 場所
    国立京都国際会館
  3. 出席者
    アジア大洋州地域(33ヶ国・地域)、米国、英国、カナダの税関当局、御厨WCO事務総局長、国際連合薬物犯罪事務所(UNODC)、国際刑事警察機構(ICPO)等、70名程度。
  4. 主な議題
    (1)世界・アジア大洋州地域のテロ情勢
    (2)テロリストの追跡(事前情報を活用した航空機旅客管理)
    (3)小型武器等の密輸防止
    (4)テロ対策に関する税関の能力向上のための協力
(参考)WCOは、世界183ヶ国・地域からなる税関関連の唯一の国際機関。1952年に発足(日本は1964年に加入)。
税関分野における国際標準の策定及び国際協力の推進により国際貿易の発展に貢献することを目的。
事務局本部はベルギー・ブリュッセル。事務総局長は我が国出身の御厨邦雄みくりやくにお氏。

問い合わせ先

財務省関税局第二参事官室(国際協力担当)
電話03-3581-4111(内線5232、5069)