現在位置 : トップページ > 関税制度 > 貿易の秩序維持と発展のための取り組み > 国際的な取組み > その他会議等 > 日露貿易円滑化に関する協力覚書が署名されました

日露貿易円滑化に関する協力覚書が署名されました

平成29年4月12日
財務省


日露貿易円滑化に関する協力覚書が署名されました



 本日、東京において、税関協力と貿易円滑化に関する日本国税関当局とロシア連邦税関庁との間の協力覚書が、梶川幹夫財務省関税局長とウラジーミル・ブラウィン連邦税関庁長官との間で署名されました。

 本協力覚書は、両国の税関当局間で、輸出者に関する情報・摘発情報等の交換や、専門家対話の設置等、貿易円滑化に向けた協力を行うこととするものです。

【日露貿易円滑化に関する協力覚書の主な内容】

  • 迅速な通関等を通じた貿易円滑化の確保への努力
  • 情報交換(輸出者の関税法令違反のリスクに関する情報、摘発情報、貿易統計)
  • 貿易円滑化手法等に関する意見交換を行う専門家対話の設置

問い合わせ先

財務省関税局参事官室(国際交渉担当)
(代表)03(3581)4111(内線2291、5444)
(直通)03(3581)2852