現在位置 : トップページ > 関税制度 > 貿易の秩序維持と発展のための取り組み > 国際的な取組み > その他会議等 > カンボジア王国へ税関監視艇を譲与することとなりました

報道発表

平成30年7月2日

財務省

カンボジア王国へ税関監視艇を譲与することとなりました

  1. カンボジア王国政府からの要請を受けて、平成30年(2018年)4月8日、日本国政府とカンボジア王国政府との間で税関監視艇の譲与に関する書簡の交換が行われました。今般、財務省とカンボジア関税消費税総局との間でその詳細について合意し、大阪税関所属監視艇「なみはや」及び神戸税関所属監視艇「だいせん」の2艇を譲与することとなりました。なお、両艇は昨年退役していたものです。
  2. 日本の税関で運用していた税関監視艇を外国税関当局へ譲与することは、今回が初めての取組となります。
  3. 財務省では、これまでもカンボジア王国における税関能力向上のため様々な税関分野の技術協力等を行ってきました。今回の税関監視艇の譲与が取締分野における更なる能力向上の一助となり、カンボジア王国の経済的・社会的安定、国民生活の向上等を図ることに寄与すること、また、本譲与を契機として、両国税関の協力関係が益々発展していくことを期待しています。
  4. 「なみはや」及び「だいせん」は、日本国内の造船所にて所要の整備が行われた後、カンボジア王国へ向けて輸送されることとなります。
(なみはや)(だいせん)
なみはや(カンボジア王国へ税関監視艇を譲与)だいせん(カンボジア王国へ税関監視艇を譲与)

問い合わせ先

財務省関税局第二参事官室
TEL 03-3581-4111 内線 5164