現在位置 : トップページ > 関税制度 > 貿易の秩序維持と発展のための取り組み > 貿易円滑化 > 第12回 輸入通関手続の所要時間調査

第12回 輸入通関手続の所要時間調査

平成30年7月6日
財務省


通関所要時間 海上貨物 2.1時間に短縮、航空貨物 0.3時間を維持
〜第12回 輸入通関手続の所要時間調査〜


  • 通関所要時間(税関への輸入申告から輸入許可までの所要時間)の平均は、海上貨物で2.1時間と前回調査(平成27年)に比べて0.3時間短縮しました。航空貨物で、0.3時間と前回調査(平成27年)並みの所要時間となっています。
  • AEO輸入者の特例申告貨物(AEO貨物)に係る通関所要時間については、海上貨物で0.1時間、航空貨物で0.0時間と、前回調査並みの所要時間となっています。

(注) AEO(Authorized Economic Operator:認定事業者)輸入者は、貨物のセキュリティ管理を含む法令遵守体制が整備された輸入者として税関長が承認を行った者であり、AEO輸入者については、貨物の引取り後に納税申告(特例申告)を行うことが認められている。

  • 平成29年10月より実施した、輸出入申告官署の自由化を利用して輸入申告した貨物(自由化申告貨物)の通関所要時間については、海上貨物で1.9時間、航空貨物で0.2時間となっています。

別添1:集計結果(海上貨物)(PDF:172KB)
別添2:集計結果(航空貨物)(PDF:188KB)
別添3:調査の概要(PDF:127KB)

問い合わせ先

財務省関税局業務課通関係
(代表) 03-3581-4111(内線 2527)