現在位置 : トップページ > 通貨 > わが国の貨幣 > 貨幣の製造枚数 > 平成30年度の貨幣の製造枚数を改定しました

報道発表

平成30年6月22日

財務省

平成30年度の貨幣の製造枚数を改定しました

平成30年度の貨幣製造計画を下記のとおり改定しました。

                                        記

                                                              (単位:千枚、千円)
  
種類改定前改定後 

枚数

金額

枚数

金額

一万円40                 400,00040400,000
千円248                 248,000298298,000
五百円234,000117,000,000234,000117,000,000
百円537,00053,700,000544,89654,489,600
五十円36,0001,800,00036,0001,800,000
十円290,000 2,900,000290,0002,900,000
五円12,00060,00012,00060,000
一円1,0001,0001,0001,000
1,110,288176,109,0001,118,234176,948,600
(注1)貨幣は、独立行政法人造幣局が製造し(独立行政法人造幣局法第11条第1項第1号)、財務大臣が日本銀行に製造済
   の貨幣を交付することにより発行される(通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律第4条第3項)。
   造幣局は、貨幣の製造については、財務大臣の定める製造計画に従って行わなければならない(独立行政法人造幣局
   法第12条)。  
(注2)一万円貨は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第一次発行分)である。
(注3)千円貨は、小笠原諸島復帰50周年記念貨幣(政令で定められた発行枚数5万枚のうち平成30年度製造分4万8千枚)、
        2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第一次発行分、20万枚)及び明治150年記念貨幣(5万枚)
       である。
(注4)百円貨には、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会記念貨幣(第一次発行分、789万6千枚)が含まれる。

問い合わせ先

財務省理財局国庫課通貨企画調整室貨幣回収準備資金係
電話:03-3581-4111(内線2666、5680)