財務局トップ > 地域経済エコシステム

地域経済エコシステムの形成について

財務局は、地域経済エコシステムの形成に貢献していきます!

・従来から、全国の財務局(10財務(支)局、53財務事務所・出張所、内閣府沖縄総合事務局財務部)は、財務局をハブとした地域連携の取組みを進めており、そのなかで、地域における企業や自治体等の交流の場としてのプラットフォームづくりを進めてきたところです。
・今般、こうした地域における関係者のネットワーク体系を「見える化」し、さらなる連携に繋げていくことを目的として、「地域の課題と財務局の役割〜地域経済エコシステムと財務局〜」を取りまとめ、公表することといたしました。
・引き続き、財務局は、そのネットワークを活用し、地域経済エコシステムの担い手と直接向き合うことで、地域企業の実情や地域の具体的な課題を把握し、地域の各主体の「つなぎ役」を果たしていきます。
・全国の財務局及び財務本省が相互に連携し、また、金融庁とも連携しながら、この役割を最大限発揮することにより、オープンイノベーションの創出や地域の課題解決を後押しし、地域ひいては日本経済の活性化に貢献してまいります。

※地域経済エコシステム・・・ある地域において、企業、金融機関、地方自治体、政府機関などの各主体が、それぞれの役割を果たしつつ、相互補完関係を構築するとともに、地域外の経済主体等とも密接な関係を持ちながら、多面的に連携・共創してゆく関係(金融庁「変革期における金融サービスの向上にむけて〜金融行政のこれまでの実践と今後の方針(平成30事務年度)〜」82頁参照)
 
 ○地域の課題と財務局の役割 〜地域経済エコシステムと財務局〜(PDF:2,913KB)
 
 (参考)全国財務局の地域連携事例集(平成29年度)