現在位置 : トップページ > 財務省について > 採用情報 > 財務省本省採用情報等 > インターン・ワークショップについて

インターン・ワークショップについて

財務省での政策立案を体験できるインターン・ワークショップを開催しています。

学部・学年に制限はありません。奮ってご応募ください!

※選考を目的とするものではありません。

政策立案ワークショップ  〜 2020年 春〜

夏・冬と様々なテーマで開催してきました「政策立案ワークショップ」をこの春も開催します!

財務省の最前線で活躍している職員の指導のもと、政策立案のプロセスを直に体験できます。

この機会に財務省の政策・人に触れてみませんか?

皆さんに、現在の重要な政策課題に対して、財務省職員がどのようなツールで、またどのような考え方で向き合っているのかを体感していただき、財務省の仕事への関心や理解を深めていただければと思います!

今回は、本省で2daysワークショップを2回、関西で1dayワークショップを1回、計3回開催します。夏以降の説明会やワークショップのアンケートの中で、特に皆様の関心の高かった分野を取り上げます。財務省の仕事のやりがい、魅力が最もよく伝わるイベントです。是非奮ってご応募ください!

【内容】

財務省の政策立案シミュレーション

(基調講演、グループワーク、プレゼンテーション等々を予定)

○第1回 税制企画 2月25日(火)〜2月26日(水) 両日9時30分〜18時15分

私たちが日本で安心して暮らせるために、必要な様々な行政サービスの原資となるのが租税です。国家運営の要となる租税の役割は変わることはないでしょう。しかし、経済社会の構造は常に変化を続けており、税制は不断の見直しを求められます。近年も働き方の多様化に対応した所得税の見直しや、高齢化の進展を背景とした若年世代への資産移転を促すための資産移転の見直し等、多岐にわたる課題に取り組んでいます。より良い税制を企画していくという、財務省でしか味わえない分野の醍醐味を感じていただきます!

【講師】和田 康宏 主税局税制第一課課長補佐(平成19年入省)

○第2回 予算編成〜社会保障〜 3月5日(木)〜3月6日(金) 両日9時30分〜18時15分

全ての政策分野をカバーし「国のかたち」そのものを描くのが予算編成です。実際の予算編成においては、少子高齢化や貧困といった社会の構造変化を分析する高いアンテナや、将来世代を見据える持続可能性の視点、全体最適を考えつつも各政策手段の効果を最大化するマクロとミクロの視点等、様々な要素が求められます。今回は、国の一般歳出の中でも最大の割合を占め、喫緊の社会課題である社会保障予算を扱います。日本の将来に思いをはせながら、一人一人の生活を支える社会保障制度のこれからを考えていただきます!

【講師】小岩 徹郎 主計局厚生労働係主査 兼 社会保障企画室長(平成14年入省)

【会場(第1回・第2回)】財務省本省4階 講堂(交通費、宿泊費は支給されません)

○関西開催 予算編成〜国土交通〜 3月19日(木) 13時00分〜18時30分

ご好評をいただいた冬のワークショップに引き続き、春も関西でワークショップを行います。今回は実際に今年度の国土交通予算を担当した主査のもと、予算編成プロセスを体感していただきます。防災・減災対策等の強化や、老朽化対策、成長の基盤となるインフラ整備等、都市か地方かに関わらず重要な社会課題が多岐にわたり存在する国土交通分野。今後変容する日本の社会構造や、潜在するリスクにどのように立ち向かっていくのか、知恵を絞っていただきます!


【講師】川島 亜喜良 主計局国土交通係主査(平成17年入省)

※会場は確定しておりませんが、京都大学構内を予定しています。

【応募方法】

こちらの申込書にご記入頂き、mofrecruit@mof.go.jpまでお送りください。
「2019夏ワークショップ」または「2019冬ワークショップ」に申し込まれた方は一部記載の省略が可能です。

※メール・申込書のタイトルを「【氏名】2020春ワークショップ申込書」としてください。

【応募締切】

2月5日(水)17時

【その他】
 ご応募の際は、参加可能な日程全てをご記載ください。(希望がある場合はその他欄にその旨記載ください。)
 応募者多数の場合は抽選になりますが、抽選結果は参加の可否にかかわらずお送りします。

※抽選結果通知:2月7日(金)を目途にお送りします。

 皆さんのご応募、お待ちしております!

問い合わせ先

財務省大臣官房秘書課採用担当 池田 祐輝、亀遊 竹虎
TEL: 03-3581-4111(内線5464)
E-Mail:mofrecruit@mof.go.jp