現在位置 : トップページ > 財務省について > 審議会・研究会等 > 財政制度等審議会 > 財政制度等審議会国有財産分科会 > 国有財産分科会 議事要旨等 > 議事要旨 > 国有財産分科会(平成31年3月28日開催)議事要旨

国有財産分科会(平成31年3月28日開催)議事要旨

 財政制度等審議会 第45回国有財産分科会

[議事要旨]



1.日時 平成31年3月28日(木)13:58〜15:39


2.場所 財務省第3特別会議室(本庁舎4階)

3.出席者 (敬称略)
 [委員]

 亀坂安紀子 川口有一郎 小林健 横溝至

 [臨時委員]

 荒谷裕子 緒方瑞穂 小枝淳子 児玉平生
 林田晃雄 野城智也 山内弘隆

 
 [財務省] 
 うえの財務副大臣ほか

4.議題
  (1)行政財産に関する課題について
  (2)庁舎等使用調整計画について
  (3)所有者不明土地問題の検討状況について
 
5.議事経過

  事務局から、「行政財産に関する課題について」説明を行った。

  事務局から、「庁舎等使用調整計画について」説明を行い、議案どおり了承された。

  事務局から、「所有者不明土地問題の検討状況について」説明を行った。

  委員からの主な意見は以下のとおり。

 

  

【行政財産に関する課題について】

  

(国家公務員宿舎に関する今後の対応について)
  ・  BCP用宿舎に関し、首都直下地震等の確率から考えて、そのために備えておくことは非常に重要。

  

 ・  宿舎の大規模改修について、PFI等民間の活力を使うのは非常に重要なことだと思うが、過去に
   大学の校舎等の大規模改修でPFIを活用した際に、元施工業者以外の業者による参入が難しいこと
   があったので、そうした点も留意すべき。

 

 ・  首都直下地震が強調されているが、被害規模としては南海トラフが一番大きいと言われているの
   で、他の災害が起きることもあわせて考えておくことが重要。

 

(庁舎需要等への対応について)
  ・  特になし。

 

(行政財産の有効活用について)
 ・  行政財産の有効活用について、地方公共団体は公有財産の利用方法を、意見募集したり窓口を
   作ったりしているので、国が取り組むに当たっては、地方公共団体との連携もありうるのではないか。
 

【庁舎等使用調整計画について】

  ・  特になし。

 

【所有者不明土地問題の検討状況について】

  ・  特になし。

 

  
                                                                                                                                          (以上)

[連絡・問い合わせ先]

財務省理財局国有財産企画課調査第2係

電話 代表 03−3581−4111(内線2623)

(注)本議事要旨は、今後字句等の修正があり得ることを念のため申し添えます。

財務省の政策