現在位置 : トップページ > 財務省について > 審議会・研究会等 > 財政制度等審議会 > 財政制度等審議会国有財産分科会 > 国有財産分科会 議事要旨等 > 議事要旨 > 国有財産分科会(平成30年1月19日開催)議事要旨

国有財産分科会(平成30年1月19日開催)議事要旨

 財政制度等審議会 第38回国有財産分科会

[議事要旨]



1.日時 平成30年1月19日(金)13:30〜14:45


2.場所 財務省第3特別会議室(本庁舎4階)

3.出席者 (敬称略)
 [委員]

 亀坂安紀子 川口有一郎 小林健 佐谷和江 

 [臨時委員]

 荒谷裕子 緒方瑞穂 小枝淳子 児玉平生 持永勇一  

 [専門委員]
 林正和
 
 [財務省] 
 木原財務副大臣ほか

4.議事
    (1)公共随契を中心とする国有財産の管理処分手続き等の具体的な見直しについて
    (2)庁舎等使用調整計画について
 
5.議事経過

 事務局から、「公共随契を中心とする国有財産の管理処分手続き等の具体的な見直し」
について説明を行い、審議のうえ、了承された。

 事務局から、「庁舎等使用調整計画」について説明を行い、審議のうえ、了承された。

 委員からの主な意見は以下のとおり。

 

  

【公共随契を中心とする国有財産の管理処分手続き等の具体的な見直し】

  

  ・ 地下埋設物がある土地の売却後に発生する問題全てに対応した契約を結ぶことは不可能である
   という課題があることについて、国民と共有する必要があるのではないか。

  

  ・ 今後、民法の改正で瑕疵担保責任についても見直される予定であることから、そのときは改めて
   見直しを行う必要がある。

  

  ・ 今回問題になったのは地下埋設物のある特別な土地の取扱いであり、通常の土地に適用すると
   膨大なコストがかかるのではないかと懸念していたが、通常の土地取引には影響がないものとなっ
   ており適切ではないか。

  

  ・ 契約締結後に瑕疵が判明した場合の損害賠償請求について、適切に第三者チェックを行う必要が
   ある。また、売払相手方にもあらかじめ第三者チェックが入ることを説明し、売却手続きの円滑化
   に努めていただきたい。

  

 

  

【庁舎等使用調整計画】

  

  ・ 特になし。

  
                                                                                                                                          (以上)

[連絡・問い合わせ先]

財務省理財局国有財産企画課調査第2係

電話 代表 03−3581−4111(内線2623)

(注)本議事要旨は、今後字句等の修正があり得ることを念のため申し添えます。

財務省の政策