現在位置 : トップページ > 財務省について > 審議会・研究会等 > 財政制度等審議会 > 財政制度等審議会財政投融資分科会 > 議事要旨等 > 議事要旨 > 財政投融資分科会(平成31年2月12日〜15日開催)議事要旨

財政投融資分科会(平成31年2月12日〜15日開催)議事要旨

ダウンロード(PDF:89KB)

財政制度等審議会財政投融資分科会
議事要旨

平成31年2月12日〜15日
財政制度等審議会
財政投融資分科会

<今回、財務大臣から財政制度等審議会に対し、以下の議案についての意見が求められ、当分科会に付託された。本件については、分科会長により、緊急に審議会の議決を経ることが必要であるため、持ち回りにて審議することとされた。平成31年2月12日〜15日に持ち回り審議を実施。>

 

 

  • 議案 平成30年度財政融資資金運用計画の一部変更について
  • 財政融資資金預託金利・貸付金利の見直しについて

 

【持ち回り開催の出席者】

池尾和人分科会長

川村雄介委員、土居丈朗委員、中里透委員、野村浩子委員

江川雅子臨時委員、翁百合臨時委員、小枝淳子臨時委員、冨田俊基臨時委員、

冨山和彦臨時委員、林田晃雄臨時委員、渡部賢一臨時委員

中島厚志専門委員、沼尾波子専門委員、原田喜美枝専門委員

議事概要

事務局より、「防災・減災、国土強靭化のための三か年緊急対策」のうち初年度の対策として速やかに着手すべきものや、災害復旧等、喫緊の課題に対応するための平成30年度補正予算(第2号)の成立を受け、同補正予算に伴い地方公共団体が実施する事業に必要な資金を確保するため、平成30年度財政融資資金運用計画について3,179億円の追加を行うことについて説明を行い、議案は原案のとおり了承された。
 また、現下の金利情勢等を踏まえ、財政融資資金預託金利・貸付金利の下限見直し等の説明を行ったところ、特段異論はなかった。

(以上)

財務省の政策