現在位置 : トップページ > 財務省について > 審議会・研究会等 > 関税・外国為替等審議会 > 関税・外国為替等審議会関税分科会 > 答申・報告等 > 平成15年度における関税率等の改正についての答申(2002年12月13日)

平成15年度における関税率等の改正についての答申(2002年12月13日)

 
 
平成14年12月13日
関税・外国為替等審議会
 

 

平成14年12月13日
 
 財務大臣 塩川正十郎  殿
 
関税・外国為替等審議会会長
木村尚三郎
 
答申書
 

 平成13年1月23日付財関第39号をもって諮問のあった関税率等の改正について、本審議会の意見を下記のとおり答申する。
 


 

 平成15年度における関税率等の改正について、別紙のとおり行うことが適当である。


 



 

 (別表1)LDC特恵無税を設定する品目(102品目:輸入統計品目ベース)
 (別表2)一般特恵税率(LDCに対しては無税)を設定する品目
(96品目:輸入統計品目ベース)
 (別表3)現行LDC特恵対象品目について一般特恵税率を設定する品目
(23品目:輸入統計品目ベース)
 (別表4)現行一般特恵対象品目のうち一般特恵税率の引下げ等を行う品目
(67品目:輸入統計品目ベース)
 (別記1)国別・品目別特恵適用除外措置の適用基準
 (別記2)緊急特恵停止措置の運用基準

財務省の政策