現在位置 : トップページ > 財務省について > 審議会・研究会等 > 関税・外国為替等審議会 > 関税・外国為替等審議会関税分科会 > 関税分科会 議事要旨等 > 議事録 > 関税・外国為替等審議会 関税分科会 (平成30年12月11日開催) 議事録

関税・外国為替等審議会 関税分科会 (平成30年12月11日開催) 議事録

本稿は、平成30年12月11日の関税・外国為替等審議会 関税分科会の議事録です。

 

午後1時00分開会

森田分科会長 皆様こんにちは。時間がまいりましたので、ただいまから関税・外国為替等審議会関税分科会を開催いたします。

 委員の皆様方には、御多用中のところ御出席いただきまして、誠にありがとうございます。

 それでは、早速ですが、本日の議事に入らせていただきたいと思います。本日の議題は、お手元にお配りしております議事のとおりでございまして、これまでの御審議の内容を踏まえ、平成31年度における関税率及び関税制度の改正等に係る答申案について御意見をいただきたいと存じます。

 平成31年度における関税率及び関税制度の改正等に関しましては、本年10月以降、本日も含め4回にわたり、本分科会を開催いたしました。そして委員の皆様に御審議をいただいてきたところでございますが、御審議いただいた内容を取りまとめたものが、本日、事務局より御説明いたします答申案でございます。

 それでは、事務局から説明を受けたいと思います。そして、その後で、答申案につきまして、御意見などをいただきたいと思っております。

 それでは、御説明をよろしくお願いいたします。

高橋関税課長 関税課長の高橋でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

 答申案そのものは、資料2として文書をお示ししておりますが、資料1に基づきまして、答申案の内容を御説明させていただきます。

 1ページに、答申(案)の概要ということで、全体の構成をお示ししております。

 (1)は平成31年度関税改正を巡る諸情勢、(2)は具体的な改正内容であり、暫定税率等の適用期限の到来、個別品目の関税率等の見直し、特恵関税適用除外措置及びそれに伴う関税率の見直し、入国旅客の携帯品等に係る簡易税率の取扱いといった項目立てとなっており、最後に、(3)といたしまして、引き続き検討すべき事項という構成になっております。

 順次、御説明させていただきます。

 続いて、2ページを御覧ください。

 平成31年度関税改正を巡る諸情勢でございます。

 社会や経済のグローバル化が進み、ヒト・モノ等の国境を越えた動きがますます活発となる中、財務省及び税関は、社会から求められる役割を、引き続き着実に果たしていくべきであるといたしまして、税関の3つの使命に即して、今後の課題等を記述いたしております。

 「安全・安心な社会の実現」という観点では、今後、大規模な国際行事の日本開催を控え、訪日外国人旅行者も増加の一途をたどる中、迅速な通関を確保する一方、テロ対策や覚醒剤等の不正薬物等の密輸阻止の観点から、より厳正な水際取締りが求められており、税関の体制の整備・充実や検査機器・事前情報等のさらなる活用を進めていくことが重要といたしております。

 「適正かつ公平な関税等の徴収」という観点では、消費税率の引上げを来年10月に予定し、徴収機関としての税関の役割の重要性が増す中、昨今社会問題化している金の密輸入阻止にも引き続き努めていくことが求められるといたしております。

 次の「貿易の円滑化」の観点では、本年12月30日発効予定のTPP11協定や、来年早期の発効が見込まれる日EU経済連携協定は、世界経済において自由で公正な経済秩序を構築していく上で非常に重要であり、RCEP等、現在交渉中の経済連携協定も前進させる必要があり、こうした国際環境の変化等を踏まえ、適時に関税制度を整備していくことが必要といたしております。

 3ページ以降、これまで分科会で御審議いただいた内容につきまして、検討結果をまとめております。

 順次、御説明いたします。

 3ページの(1)暫定税率の適用期限の延長ですが、平成31年3月31日に適用期限が到来する411品目の暫定税率の適用期限を1年延長することが適当としております。

 次の(2)特別緊急関税制度及び牛肉・豚肉に係る関税の緊急措置の適用期限の延長等ですが、特別緊急関税制度及び牛肉・豚肉に係る関税の緊急措置については、暫定税率と一体のものとして設けられていることを踏まえまして、暫定税率と同様に、その適用期限を1年延長することが適当といたしております。

 いわゆる、BSE特例につきましても、同じく1年延長することが適当としております。

 また、利便性向上の観点から、特別緊急関税制度及び牛肉・豚肉に係る関税の緊急措置等について、現行、官報で告示している輸入数量等を、平成31年度からインターネットにより公表することが適当としております。

 続いて、4ページの(3)乳幼児用調製液状乳製造用ホエイの関税割当対象化ですが、災害時や外出時、夜間における授乳を、衛生的かつ簡便に行うニーズの高まり等を受けて、本年8月、厚生労働省において乳等省令が改正され、調製液状乳(液体ミルク)の定義・規格基準が設定されたことを踏まえ、調製液状乳の製造に当たり、安価に原料を確保する観点から、乳幼児用調製液状乳の製造に使用されるホエイも、関税割当制度の対象とすることが適当といたしております。

 次の(4)沖縄に係る関税制度上の特例措置であります、選択課税制度につきましては、沖縄振興特別措置法に基づく国際物流拠点産業集積地域の税制上の特例措置の一環であること等に鑑み、適用期限を平成33年3月31日まで延長することが適当としております。

 続いて、5ページは、個別品目の関税率等の見直しでございます。

 (1)ヘキサメチレンジアミンにつきましては、原料の多くを輸入に依存している国内メーカーの国際競争力を維持する観点から、基本税率を無税とすることが適当としております。

 (2)海藻製品の分類変更への対応につきましては、国内産業を保護するため、税細分を新設した上で、現行関税率を維持することが適当としております。

 続いて、6ページは、特恵関税適用除外措置及びそれに伴う関税率の見直しでございます。

 (1)特恵関税適用除外措置ですが、一定の経済発展を遂げた国に対して設けられている適用除外措置により、中国、タイ、メキシコ、マレーシア及びブラジルの5カ国について、平成31年4月1日から特恵税率の適用対象から除外され、さらに国別・品目別特恵適用除外措置の基準により、アルゼンチン産グレーンソルガムについて、平成31年4月1日から平成34年3月31日まで、特恵税率の適用対象から除外されるとしております。

 (2)特恵関税適用除外措置に伴う個別品目の関税率の見直しにつきましては、特恵関税適用除外措置の対象品目のうち、ビニレンカーボネート等、ナフトール、クリスタルバイオレットラクトン、ポリトリメチレンテレフタレートについては、輸入・国内生産の状況等を踏まえつつ、我が国産業の国際競争力の維持の観点から、基本税率を無税とすることが適当としております。

 また、バイオポリエチレンについては、地球温暖化対策のため、バイオマスプラスチックのさらなる普及促進を図る観点から、将来の国産化の可能性を踏まえ、暫定税率により無税とすることが適当としております。

 続いて、7ページは、入国者の携帯品等に係る簡易税率の取扱いでございます。

 簡易税率について、来年10月に消費税率が8%から10%へ引上げ予定であるところ、直近の関税有税品の平均関税負担率等を踏まえ、その水準について検討した結果、現行の水準を維持することが適当としております。

 続いて、8ページは、引き続き検討すべき事項である国際コンテナ戦略港湾に係る税制措置でございます。

 国土交通省より提出されたとん税・特別とん税の見直し要望につきましては、国際コンテナ戦略港湾政策における位置付け、税制措置による効果や財政収入への影響等を考慮した上で、平成32年度改正に向けて、引き続き検討することが適当としております。

 平成31年度関税改正の答申案につきまして、事務局から御説明させていただきました。説明は以上でございます。

森田分科会長 ありがとうございました。

 ただいま事務局より説明ございましたけれども、この御説明のありました答申案につきまして、御意見などございますでしょうか。

 よろしいでしょうか。

 特に御発言がないようでございます。それでは、御異議がないということでございますので、平成31年度における関税率及び関税制度の改正等につきましては、本分科会として答申案どおり決定することとし、これをもって関税・外国為替等審議会としての答申といたしたいと存じます。

 なお、答申の提出のタイミングにつきましては、私に御一任いただき、事務局と調整の上、財務大臣に提出させていただくこととさせていただきたいと思います。

 それでは、これにて本年の関税分科会における平成31年度関税改正等の議論が一通り終了したこととなります。

 これまで御審議いただきました委員の皆様方の御支援、御協力に感謝いたしますとともに、重ねて御礼を申し上げたいと思います。どうもありがとうございました。

 なお、会議は終了ですが、終了するに当たりまして、事務局より連絡事項がございますのでお願いいたします。

高橋関税課長 連絡事項を1点申し上げます。一部の委員の方には、資料を席上に紙で配付させていただいておりますけれども、答申の最終的な提出、公表の前ということですので、大変恐縮でございますが、会議後回収ということで、席に置いたままでお帰りいただければというふうに思っております。

 以上でございます。

森田分科会長 ありがとうございました。

 それでは、非常に短い時間でございましたが、以上をもちまして、本日の議事を終了といたします。ありがとうございました。

午後1時11分閉会

財務省の政策