現在位置 : トップページ > 財務省について > 審議会・研究会等 > 大蔵省の行政に在り方に関する懇談会 > 報告書 > 大蔵省の行政の在り方に関する懇談会

大蔵省の行政の在り方に関する懇談会





          大蔵省の行政の在り方に関する懇談会





                             − 報告 −









                                 平成10年7月17日







  大蔵省の行政の在り方に関する懇談会委員名簿





  座長        瀬島  龍三        伊藤忠商事特別顧問



  座長代理    加藤     寛        千葉商科大学学長



              芦田  甚之助        連合総合生活開発研究所理事長



              石     弘光        一橋大学経済学部教授



              今井     敬        新日本製鐡代表取締役会長



              清原  武彦        産経新聞社代表取締役社長



              小池  唯夫        毎日新聞社代表取締役会長



              曽野  綾子        作家、日本財団会長



              高原  須美子        経済評論家、セ・リーグ会長



              竹内  佐和子        東京大学工学系研究科助教授



              鶴田  卓彦        日本経済新聞社代表取締役社長



              樋口  廣太郎        アサヒビール代表取締役会長



              藤井  義弘        日立造船代表取締役会長



              水谷  研治        東海総合研究所代表取締役会長



              渡邉  恒雄        読売新聞社代表取締役社長









はじめに



    バブル経済の崩壊に伴う金融機関の不良債権問題の深刻化や近時のアジアの経済・通貨



  危機の発生を背景として、我が国経済の動向や金融システムの安定に大きな注目が集まっ



  ている。その中で、我が国の経済運営に重要な役割を担うべき大蔵省が不祥事を背景に機



  能低下を起こしていることは、国益上重大な問題である。



    我々は、大蔵省に対し、大いに反省を促すとともに、国民の期待に応えられるような大



  蔵省、国民に開かれた大蔵省へと新生することを期待して、これまでの大蔵省の行政の在



  り方について検討を加え、以下の改善策を提言することとした。







I.不祥事の根絶



    1.現状認識



    2.不祥事の根絶策



II.行政運営の改善



    1.裁量行政の見直し

     (1)現状認識

     (2)行政手法の転換



    2.開かれた行政への転換

     (1)現状認識

     (2)政策決定プロセスの透明化

     (3)迅速かつ果断な政策決定

     (4)民間との関係の見直し



    3.審議会の見直し

     (1)現状認識

     (2)審議内容及び審議方式の見直し



    4.総合調整機能の改善・強化

     (1)現状認識

     (2)政策立案・調整機能の強化

     (3)組織マネージメント機能の強化



    5.調査・情報・研究部門の見直し

     (1)現状認識

     (2)財政金融研究所の強化など



    6.広報の在り方の見直し

     (1)現状認識

     (2)広報体制の強化など



    7.金融企画行政の在り方

     (1)現状認識

     (2)大蔵省の金融企画行政への取組み

     (3)金融監督庁及び日本銀行との連携強化



III.個々の職員の活性化



    1.官民交流を含めた人材の育成、活用方策の見直し

     (1)現状認識

     (2)外部人材の活用

     (3)職員の育成



    2.人事(採用を含む)の弾力化

     (1)現状認識

     (2)総合的人事評価の推進

     (3)II種、III種職員の登用など

     (4)I種職員人事の見直し



    3.職場環境の合理化

     (1)現状認識

     (2)事務運営の合理化

     (3)各種経費の適正な支給



    4.定年制・早期退職慣行などの見直し(公務員制度全体との関連において)

      (1)現状認識

     (2)見直しの留意点

     (3)政府部内での検討への積極的な取組み





座  長  談  話





「大蔵省の行政の在り方に関する懇談会」報告のポイント





 

財務省の政策