現在位置 : トップページ > 税制 > わが国の税制の概要 > 相続税、贈与税など(資産課税等) > 贈与税の課税方式(暦年課税と相続時精算課税)の比較

贈与税の課税方式(暦年課税と相続時精算課税)の比較

贈与税の課税方式(暦年課税と相続時精算課税)の比較
区 分暦年課税相続時精算課税
(相続税・贈与税の一体化措置)
贈与者
・受贈者

親族間のほか、

第三者からの贈与を含む。 

60歳以上の者から

20歳以上の推定相続人及び孫への贈与

選択 不要

必要(贈与者ごと、受贈者ごとに選択)

→ 一度選択すれば、相続時まで継続適用

課税時期 贈与時(その時点の時価で課税) 同左
控除 基礎控除(毎年):110万円 特別控除(限度額まで複数回 使用可):2,500万円
税率 10%〜55%の8段階 一律 20%
相続時 ──

贈与財産を贈与時の時価で相続財産に合算

(相続税額を超えて納付した贈与税は還付)