現在位置 : トップページ > 税制 > わが国の税制の概要 > 相続税、贈与税など(資産課税等) > 贈与税の概要

贈与税の概要

贈与税は、個人から贈与により財産を取得した個人に対して、その財産の取得の時における時価を課税価格として課される税で、相続税の補完税としての性格を持つ。

課税方法は、受贈者が「暦年課税」又は「相続時精算課税」を選択できる。

なお、「相続時精算課税」は、平成15年度に、次世代への資産移転及びこれによる消費拡大と経済活性化の観点から導入されたもの。

1.暦年課税の仕組み

暦年課税の概要(現行)

2.相続時精算課税の仕組み

 制度の仕組み3,000万円を生前贈与し、1,500万円を遺産として残す場合の計算例
(平成27年1月1日以後の相続で、法定相続人が配偶者と子2人の場合)
【参考】
暦年課税の場合
贈与時

1 贈与財産額を贈与者の相続開始まで累積

2 累積で2,500万円の非課税枠

3 非課税枠を超えた額に一律20%の税率

計算例の図
納付税額
1,036万円
相続時 贈与財産額(贈与時の価額)を相続財産の価額に加算して、相続税額を精算
計算例の図
無税
合計納税額0円 1,036万円
相続時精算課税制度を選択できる場合の図