現在位置 : トップページ > 税制 > わが国の税制の概要 > 国際課税 > 移転価格税制の概要

移転価格税制の概要

○  企業が海外の関連企業との取引価格(移転価格)を通常の価格と異なる金額に設定すれば、一方の利益を他方に移転することが可能となる。

○  移転価格税制は、このような海外の関連企業との間の取引を通じた所得の海外移転を防止するため、海外の関連企業との取引が、通常の取引価格(独立企業間価格)で行われたものとみなして所得を計算し、課税する制度。

○  わが国の独立企業間価格の算定方法は、OECD移転価格ガイドラインにおいて国際的に認められた方法に沿った次のようなものとなっている。

 

○ 基本3法

  • 独立価格比準法
  • 再販売価格基準法
  • 原価基準法

○ その他の方法

  • 取引単位営業利益法
  • 利益分割法
    • 比較利益分割法
    • 寄与度利益分割法
    • 残余利益分割法

 

移転価格税制の概要
PDF