現在位置 : トップページ > 税制 > わが国の税制の概要 > 所得税など(個人所得課税) > 特定の居住用財産の買換え及び交換の場合の長期譲渡所得の課税の特例について

特定の居住用財産の買換え及び交換の場合の長期譲渡所得の課税の特例について

特定の居住用財産の買換え及び交換の場合の長期譲渡所得の課税の特例について
〔主な要件〕

1譲渡資産

イ 所有期間が10年超の居住用家屋及びその敷地等
ロ 平成5年4月1日から平成29年12月31日までの間の譲渡
ハ 譲渡価額が1億円以下のもの

2買換資産

イ 居住用家屋(床面積50平方メートル以上)及びその敷地(面積500平方メートル以下)
  (注)既存住宅である場合には、一定の耐火建築物に限る。
ロ 譲渡の日の前年の1月1日から譲渡年の12月31日までの間に取得をして、取得日から譲渡日の翌年12月31日までの間に自己の居住の用に供すること又は供する見込みであること