現在位置 : トップページ > 税制 > わが国の税制の概要 > 消費税など(消費課税) > 『請求書等保存方式』と『インボイス方式』

『請求書等保存方式』と『インボイス方式』

○ 「請求書等保存方式」は、帳簿の保存に加え、取引の相手方(第三者)が発行した請求書等という客観的な証拠書類の保存を仕入税額控除の要件としているが、請求書等に適用税率・税額を記載することは義務付けられていない。

○ 単一税率の下では、請求書等に税額が別記されていなくても仕入税額の計算に支障はないが、複数税率の場合、請求書等に適用税率・税額の記載を義務付けたもの(インボイス)がなければ適正な仕入税額の計算は困難。

日本の請求書とイギリスのA FULL TAX INVOICE
  • ○ 「インボイス方式」は、課税事業者が発行するインボイスに記載された税額のみを控除することができる方式。

    • 1 課税事業者は「インボイス」の発行が義務付けられており、また、自ら発行した「インボイス」の副本の保存が義務付けられている。

    • 2 「インボイス」に適用税率・税額の記載が義務付けられている。

    • 3 免税事業者は「インボイス」を発行できないしたがって、免税事業者からの仕入れについて仕入税額控除ができない

      • (注)「インボイス」とは、適用税率や税額など法定されている記載事項が記載された書類。欧州においては、免税事業者と区別するため、課税事業者に固有の番号を付与してその記載も義務付けているが、「インボイス」の様式まで特定されているものではない。