現在位置 : トップページ > 税制 > わが国の税制の概要 > 消費税など(消費課税) > 「地球温暖化対策のための課税の特例」について

「地球温暖化対策のための課税の特例」について

○ 石油石炭税に、「地球温暖化対策のための課税の特例」を設け、CO2排出量に応じた税率を上乗せする。

○ 平成24年10月1日から実施し、税率は段階的に引き上げることとする。

○税率

税率の図解

○段階的実施

課税物件本則税率H24年10月1日〜H26年4月1日〜H28年4月1日〜
原油・石油製品
[1キロリットル当たり]
(2,040円) +250円
(2,290円)
+250円
(2,540円)
+260円
(2,800円)
ガス状炭化水素
[1トン当たり]
(1,080円) +260円
(1,340円)
+260円
(1,600円)
+260円
(1,860円)
石炭
[1トン当たり]
(700円) +220円
(920円)
+220円
(1,140円)
+230円
(1,370円)

※( )は石油石炭税の税率。