現在位置 : トップページ > 税制 > わが国の税制の概要 > 消費税など(消費課税) > 簡易課税制度の概要

簡易課税制度の概要

簡易課税制度は、課税売上高が5,000万円以下の中小事業者の事務負担への配慮から設けられている措置。

簡易課税制度の概要
○ 簡易課税制度 売上高だけから納付税額を計算する制度
○ 適用要件 前々年(個人)又は前々事業年度(法人)の課税売上高が5,000万円以下であり、かつ、「簡易課税制度選択届出書」を事前に提出していること
○ みなし仕入率 事業の種類ごとに、仕入高の売上高に通常占める割合を勘案して定められている。
卸売業小売業製造業等サービス業等不動産業その他事業
90% 80% 70% 50% 40% 60%

(注)サービス業等とは、サービス業、運輸通信業、並びに金融業及び保険業をいう。

○ 簡易課税制度を選択した事業者は、2年間以上継続した後でなければ、選択をやめることはできない。