現在位置 : トップページ > 税制 > わが国の税制の概要 > 消費税など(消費課税) > 付加価値税率(標準税率及び食料品に対する適用税率)の国際比較

付加価値税率(標準税率及び食料品に対する適用税率)の国際比較

付加価値税率(標準税率)の国際比較
(備考)

1.日本の消費税率8%のうち、1.7%相当は地方消費税(地方税)である。

2.カナダにおいては、連邦の財貨・サービス税(付加価値税)の他に、ほとんどの州で州の付加価値税等が課される(例:オンタリオ州8%)。

3.アメリカは、州、郡、市により小売売上税が課されている(例:ニューヨーク州及びニューヨーク市の合計8.875%)。ミャンマーは取引高税が課されており、ブルネイは付加価値税が存在しない。

4.上記中、水色 が食料品に係る適用税率である。なお、軽減税率が適用される食料品の範囲は各国ごとに異なり、食料品によっては上記以外の取扱いとなる場合がある。

5. EC指令においては、ゼロ税率及び5%未満の軽減税率は否定する考え方が採られている。

(出所)各国大使館聞き取り調査、欧州連合及び各国政府ホームページ等による。