現在位置 : トップページ > 税制 > 出版物等 > パンフレット > もっと知りたい税のこと

もっと知りたい税のこと

税の意義と役割
税は「社会の会費」です

 年金、医療などの社会保障・福祉や、水道、道路などの社会資本整備、教育や警察、消防、防衛といった公的サービスは、私たちの暮らしに欠かせないものですが、その提供には費用がかかります。

 税は、このような公的サービスの費用を賄うものですが、みんなが互いに支え合い、共によりよい社会を作っていくため、この費用を広く公平に分かち合うことが必要です。まさに、税は「社会の会費」であると言えるでしょう。

「支え合い」により成り立っている社会

公的サービスを賄うのに十分かつ安定した税が必要

 税は、公的サービスを賄うのに十分な量を安定的に確保することが必要です。社会保障給付などの公的サービスと税・社会保険料の負担は両方の大きさが等しくなることが基本であり、負担を将来世代へ先送りしないようにすることが私たちの責任ではないでしょうか。

参加と選択。社会保障給付などの公的サービスとそれに応じた国民負担をどの程度の水準にするかは、私たちの選択にかかっています。
税の三原則「公平・中立・簡素」

 税は、私たちみんなが、社会の構成員として広く公平に分かち合っていかなければなりません。「公平・中立・簡素」であることが税制を構築するうえでの基本原則です。

社会・経済の構造変化に適した税制
 我が国は、人口減少と高齢化の同時進行やグローバル化の急速な進展、格差の問題、資源制約、気候変動をはじめとする環境問題など、様々な問題を抱えています。こうした社会・経済の構造変化に適した税制を築くことが必要です。