現在位置 : トップページ > 税制 > 財務省主税局職員を装った不審な電話にご注意ください!

報道発表

平成19年12月11日

財務省主税局

財務省主税局職員を装った不審な電話にご注意ください!

財務省主税局職員を装って、「税金を還付するので、現金自動預け払い機(ATM)の前で、指定する電話番号に電話してください。」と求める不審な電話があったという情報が、財務省に寄せられています。

財務省主税局では、国税の還付金受取のために金融機関等の現金自動預け払い機(ATM)の操作を求めることはありません。「振り込め詐欺」を狙った電話と考えられますので、ご注意ください。

(寄せられた電話の例)

  • ケース1
    • 主税局職員を名乗る者から、税金の還付金を振り込む旨の電話があった。
    • その者からは、「税金の還付金があり、先日通知を送ったが、連絡がないので電話した。紛失したのであれば、ATMで口座番号を打ち込めば、還付金を振り込む。操作方法を指示するので、ATMの前まで行き、その場から電話番号○○○○−○○○○に電話してください。」と言われた。
    • 不審に思ったので、指定された電話番号には電話していない。
  • ケース2
    • 主税局職員を名乗る者から、医療費の還付について電話があった。
    • その者からは、「医療費の還付の通知書を送付したが、連絡がない。振込手続は本日までなので、ATMの前まで行き、その場からフリーダイヤル0120−○○○−○○○に電話してください。」と言われた。
    • 指定された電話番号に電話したが、つながらないため、財務省主税局に電話した。

(参考)

問い合わせ先

問い合わせ先 : 主税局総務課総務2係

(代表)03−3581−4111(内線5153)