現在位置 : トップページ > 広報・報道 > 大臣等記者会見 > 麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣臨時閣議後記者会見の概要(平成28年2月19日(金曜日))

麻生副総理兼財務大臣兼内閣府特命担当大臣臨時閣議後記者会見の概要(平成28年2月19日(金曜日))

 
 
【冒頭発言】

 先程の臨時閣議において、北朝鮮に対する日本独自の制裁が決定されています。財務省が行うものは、北朝鮮に対する支払の原則禁止、資産凍結等の措置の対象拡大、そして北朝鮮を仕向地とする支払い手段等の携帯輸出届出の下限金額の引下げ、100万円超が10万円超ということです。北朝鮮に対しては、これまでも資産凍結等の制裁を累次にわたって行ってきたのですが、本日決定させていただきました制裁は、拉致、核、ミサイルといった諸懸案を包括的に解決する、そういった観点から追加的に実施するものであります。
 財務省としては、金融機関等に対して、本件に関する周知・徹底を行い、確実な実施を行っていくところです。私の方からは以上です。

 

(以上)

財務省の政策
予算・決算
税制
関税制度
国債
財政投融資

国庫

通貨

国有財産

たばこ塩


国際政策
政策金融・金融危機管理
財務総合政策研究所