現在位置 : トップページ > 広報・報道 > 大臣等記者会見 > 御法川財務副大臣記者会見の概要(平成26年9月25日(木曜日))

御法川財務副大臣記者会見の概要(平成26年9月25日(木曜日))

 
 
【質疑応答】
問)

 整備新幹線について伺います。政府・与党のワーキンググループが始まりまして、整備新幹線の開業前倒しに向けた議論が始まりました。安倍政権は成長戦略でも前倒しの方向を明記している訳ですけれども、課題となっているのが財源をどう確保するのかという点でして、財務省としてはこの前倒しについてどのような姿勢で臨まれるのかお聞かせください。

答)

 今お話にあったとおり、第1回目の政府・与党のワーキンググループが開催されまして、平成27年度の予算編成過程で適切な結論を得るということで議論が始まったところでございます。財務省としても、開業時期の前倒しの意義、あるいは技術上の課題をよく確認した上で、我が国の現下の厳しい財政事情を踏まえ、財源上の問題について、これは検討する必要があると考えておりまして、国交省をはじめとする関係者と今後しっかりと議論していきたい、検討してまいりたいというふうに思っております。

問)

 来週の月曜日、政府税制調査会が3カ月ぶりぐらいで開催、6月に1回始めたと思うのでもう1回やると思うのですけれども、6月のときは法人税の改革について1つ報告書的なものをまとめて、今回は年末に向けて、もう一度その法人税や軽減税率的な争点の話を議論していくのか、それとも更に中長期的な配偶者控除などの議論を目的にしていくのか、その辺はどういった議論を期待されていくのかお考えをお聞かせ願えればと思います。

答)  政府税制調査会で今回どういうことがトピックになるかということについては、具体的な詳細については、私は承知しておりません。
 

(以上)

財務省の政策
予算・決算
税制
関税制度
国債
財政投融資

国庫

通貨

国有財産

たばこ塩


国際政策
政策金融・金融危機管理
財務総合政策研究所