財務総合政策研究所

サイトマップ

 

「医療・介護に関する研究会」
(2015年7月〜)

 1.研究内容

  

   急速に高齢化が進む中、今後「医療・介護」に係る費用は高い伸びを示すと見込まれている。医療・介護については、質の向上と費用抑制の両立が可能であり、人口減少・高齢化社会の中、持続性の観点から、質の向上と費用抑制の両立に向けた方策について検討を行う。

研究会報告書目次

報道発表

 2.メンバー(役職は2015年4月現在)

座長

  井伊 雅子 一橋大学国際・公共政策大学院教授

メンバー

  近藤 克則 千葉大学予防医学センター教授

(50音順)

  関本 美穂 大阪府済生会吹田病院麻酔科医長
    松田 晋哉 産業医科大学教授
    森山 美知子 広島大学大学院医歯薬保健学研究院教授
講演   岩崎 宏介 Milliman 執行役員(アクチュアリー)
  森田 洋之 南日本ヘルスリサーチラボ代表

顧問

  貝塚 啓明 財務省財務総合政策研究所名誉所長
     
 3.研究会の進め方

 

   2015年7月から2016年3月までに5回程度の会合を開催し、各会合では報告を基に自由討議を行う。会合後は報告書の取りまとめを予定している。

 4.議事要旨・報告内容 
第1回:2015年7月24日(金)
―議事要旨―

説明「研究会の問題意識」
       前島 優子    財務省財務総合政策研究所総括主任研究官

説明「経済・財政再生計画」の概要
       宇波 弘貴    主計局主計官

委員全員から自己紹介と現状認識
                                 
第2回:2015年9月11日(金)
―議事要旨―

講演「アメリカにおける医療費推計の考え方-責任医療機構(Accountable Care Organization ;ACO)を中心として-」
       岩崎 宏介 Milliman 執行役員(アクチュアリー)

講演「夕張市の医療崩壊と市民生活への影響、そこから日本全体の問題を考える」
       森田 洋之 南日本ヘルスリサーチラボ代表
                                 
第3回:2015年10月9日(金)
―議事要旨―

報告「ポピュレーション・ヘルス・マネジメントを基盤にした地域包括ケアシステムの構築と展開」
       森山 美知子 広島大学大学院医歯薬保健学研究院教授

報告「質とコストから考えるわが国の外来診療」
       関本 美穂 大阪府済生会吹田病院麻酔科医長
                                 
第4回:2015年12月4日(金)
―議事要旨―

報告「アメリカACO:仕組み、効果、課題(調査報告)」
       前島 優子  財務総研総括主任研究官

報告「Accountable Care Organization −日本への示唆−」
       森山 美知子 広島大学大学院医歯薬保健学研究院教授

報告「費用節減と質向上−両立の条件−」
       近藤 克則  千葉大学予防医学センター教授
                                 
第5回:2016年1月15日(金)
―議事要旨―

報告「地域医療構想について」
       松田 晋哉  産業医科大学医学部教授

報告「日本の保健医療統計・外来支払制度」
       井伊 雅子  一橋大学国際公共政策大学院教授

総括としての質疑応答・意見交換
座長総括