現在位置 : トップページ > 国有財産 > 国有財産トピックス > 英国大使館敷地の底地所有権と借地権の交換に向けた協議を進めることで合意しました

報道発表

平成25年12月20日

財務省

英国大使館敷地の底地所有権と借地権の交換に向けた協議を進めることで合意しました

日本国が英国政府に貸し付けている駐日英国大使館敷地について、今般、英国政府との間で、日本国の有する底地所有権と英国の有する借地権の借地権割合に基づいた等価による交換処理に向けて、協議を進めることについて合意しました。

(注)今後、不動産鑑定士による借地権割合の鑑定評価を実施し、協議が調えば、平成26年度以降、交換契約を締結する予定です。
      本交換処理により、大使館敷地の一部が日本国に返還されることとなります。

(貸付地概要)所在地:東京都千代田区一番町1
           貸付面積 : 35,002.57平方メートル
           貸付始期 : 明治5年(1872年)

 

別紙1 (参考)底地所有権と借地権の交換(イメージ図)(PDF:391KB)PDF

別紙2 位置図(PDF:211KB)PDF

 

Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方、正しく表示されない方は最新版をダウンロードしてからご覧下さい。


問い合わせ先

理財局国有財産審理室審理第一係
電話:03-3581-4111 内線:2663