財務省のホームページへ
税金は国民みんなのために使われています。
国の税金(ぜいきん)の使いみちで一番多いのは何ですか?
メニューにもどる プリント用PDF
 国の 税金(ぜいきん)の使いみちで一番多いのは、社会保障(しゃかいほしょう)です。
社会保障(しゃかいほしょう)」というのは、国が国民(こくみん)の生活を(ささ)えるためにつくられた制度(せいど)で、「年金(ねんきん)」や「医療費(いりょうひ)」、「福祉(ふくし)」などがあります。
二番目に多いのは、国の 借金(しゃっきん)を返すことや、借金(しゃっきん)利子(りし)を払うためのお金で国債費(こくさいひ)といいます。 三番目に多いのは、都道府県(とどうふけん)や市区町村への配るお金で地方交付税交付金(ちほうこうふぜいこうふきん)といいます。
四番目に、みんなが学校で使う教科書(きょうかしょ)など学校生活に関するものや人工衛星(じんこうえいせい)、スーパーコンピューターの開発などの「教育や科学技術」、五番目には、道路や橋、港、ダム、河川の整備(せいび)などの公共事業(こうきょうじぎょう)のためのお金にもたくさんの税金(ぜいきん)が使われています。