財務省のホームページへ
税金の種類をおぼえよう!
税金(ぜいきん)にはどんな種類(しゅるい)があるの?
メニューにもどる プリント用PDF
 税金 (ぜいきん)には、国に(おさ)める税金(ぜいきん)国税(こくぜい)と、 都道府県(とどうふけん)や市区町村に(おさ)める税金(ぜいきん)地方税(ちほうぜい)があります。
国税(こくぜい)の中には、例えば、所得税(しょとくぜい)法人税(ほうじんぜい)消費税(しょうひぜい)などがあります。
働くお父さんやお母さんはお給料から「所得税(しょとくぜい)」を(おさ)めています。 お父さんやお母さんが働いている会社も「法人税(ほうじんぜい)」という税金(ぜいきん)(おさ)めています。
みんなが買い物をした時にお店に払っているお金に「消費税(しょうひぜい)」が含まれていることは知っていますね。
そのほかにも、お酒類の代金に含まれる「酒税(しゅぜい)」やたばこの代金に含まれる「たばこ税」などもあります。
また、地方税(ちほうぜい)の中には、所得税(しょとくぜい)と同じように給料から(おさ)める住民税(じゅうみんぜい)などがあります。