財務省のホームページへ
税金の集め方の決まり方を知ろう!
税金(ぜいきん)の集め方はどうやってきまるの?
メニューにもどる プリント用PDF
 日本国憲法 (にほんこくけんぽう)では、「国民(こくみん)は、法律(ほうりつ)(さだ)めるところにより、納税(のうぜい)義務(ぎむ)を負ふ。」(第30条)とされており、税金(ぜいきん)(おさ)めることは国民(こくみん)義務(ぎむ)であることが示されています。
では、税金(ぜいきん)の集め方はどのように決められるのでしょうか。

まず、財務省(ざいむしょう)では、税金(ぜいきん)の集め方についての法律(ほうりつ)の案を作ります。次に、内閣がその案について検討し、国会に提出します。そして、国民(こくみん)みんなの代表である国会議員(こっかいぎいん)が、国会でこの法律(ほうりつ)の案について話し合って、税金(ぜいきん)の集め方についての法律(ほうりつ)ができあがります。
税金
(ぜいきん)
は、会社員や商売をしている人など、どんな仕事の人でも、かせいだお金が同じであれば、同じ金額(きんがく)税金(ぜいきん)(おさ)めることになっています。また、かせいだお金の多い人はたくさん 税金(ぜいきん)(おさ)め、少ない人は(おさ)める税金(ぜいきん)が少なくなるなど、いろんな人にとって、公平(こうへい)になるように考えられています。