財務省のホームページへ
税の歴史を学ぼう!
日本の(ぜい)が、年貢(ねんぐ)のような作物中心から、お金で(おさ)めるようになったのはいつごろからですか?
メニューにもどる プリント用PDF
 足利将軍家 (あしかがしょうぐんけ)統治(とうち)していた室町時代(むろまちじだい)から徳川将軍家(とくがわしょうぐんけ)江戸時代(えどじだい)にかけては、もっぱら農家の田畑の作物が「(ぜい)」として(おさ)められていました。これが、みなさんも聞いたことのある「年貢(ねんぐ)」という当時の(ぜい)です。

作物中心の(ぜい)のしくみが大きく変わったのは、明治時代(めいじじだい)に入ってからです。農作物に頼るとその年によって収穫量(しゅうかくりょう)が異なるので(ぜい)の量が安定しません。そこで土地の値段に(ぜい)がかけられたり、所得税(しょとくぜい)法人税(ほうじんぜい)など現在の(ぜい)のしくみの基本がつくられました。
現在の(ぜい)のしくみのほとんどは、大正時代(たいしょうじだい)以降に決められました。