現在位置 : トップページ > 国債 > 個人投資家の皆様へ > 個人向け国債 > 新窓販国債窓口 > 商品概要

商品概要

個人の方に、もっと買いやすい国債へ。選択の幅も広がっています

新型窓口販売方式により、個人向け国債以外の国債についても、個人の方が多くの金融機関等でご購入いただけます。満期が10年・5年・2年の固定金利型で、発行は毎月。個人向け国債よりも短期で運用したい方のニーズにもお応えできます。

自分にピッタリの国債が見つかったら、お近くの金融機関等へ

新型窓口販売方式で買える国債のラインアップ

※国債の種類や時期によっては扱っていない場合もありますので、実際の取扱いは金融機関等でお確かめください。※金融機関によっては、新型窓口販売方式ではなく、市場での購入等により仕入れ、独自の販売価格を設定して国債を販売している場合があります。

  • ※国債は券面が発行されないペーパーレスです。国債を初めて購入される場合には、購入にあたり金融機関において国債の振替口座を開設していただく必要があります。なお、金融機関によっては、口座の開設あるいは口座の維持等に際して、手数料が必要となります。金融機関等にお尋ねください。
  • ※ここに掲げる国債の購入に際しては、手数料はかかりません。

PDFで見る

国債は、お近くの金融機関等でお求めいただけます

「新窓販国債」を含め、初めて国債を購入される場合は、国債を購入しようとする証券会社、銀行等の金融機関等に国債の口座を開設していただく必要があります。一般的には、初めて口座を開設するときは、犯罪による収益の移転防止に関する法律に定める書類(運転免許証、健康保険証などの本人確認書類やその他の書類)及び印鑑等が必要になります。詳しくは、金融機関等にお尋ねください。

ご購入時に初回の利子の調整額を払い込む必要があります

新型窓口販売方式の国債は、発行日から初回の利払日までの期間が、ぴったり半年にはなりません。そのため購入時に、半年に満たない分の日割り計算された利子相当額を、あらかじめ払い込んでいただきます。その上で初回の利払日には、その分も含めた半年分の利子をお受取りいただきます。なお、障害者等の非課税貯蓄制度の適用を受けて購入された方が、初回の利払日前に課税対象者に中途売却する場合には、課税上の問題から初回の利子の調整額の源泉税相当額が回収できない場合があります。

利子調整額の例

商品概要

新窓販国債の商品概要をご案内します。

発行条件

新窓販国債「10年固定」、「5年固定」、「2年固定」の発行条件をご案内します。

国債を購入される方へ

新窓販国債を購入する際は、毎回の募集期間内に金融機関等で申し込みをしていただくことになります。購入のために必要なものは、購入代金、預金通帳、印鑑等です。

ご注意

国債は証券が発行されず(ペーパーレス)、口座上の記録によって管理されています。初めて国債を購入する場合は、購入する金融機関で国債の取引をするための口座を開設していただく必要があります。
初めて口座を開設するときは、犯罪による収益の移転防止に関する法律に定める書類(運転免許証、健康保険証などの本人確認書類やその他の書類)及び印鑑等が必要になります。

金融機関によっては口座の管理手数料等がかかる場合があります。

  • 発行スケジュール
  • 取扱金融機関一覧
PageTop

新窓販国債窓口

最新情報を知りたい方

購入をご検討の方

はじめての方