現在位置 : トップページ > 国債 > 個人投資家の皆様へ > 個人向け国債 > 国債総合窓口 > ご購入者の声

ご購入者の声

  1. ケース1「夫の退職がきっかけでした」
  2. ケース2「子どもができたので買いました」
  3. ケース3「過去の失敗から買いました」
  4. ケース4「結婚がきっかけですね」

ケース1「夫の退職がきっかけでした」

Q.個人向け国債を買ったきっかけは?
夫の退職がきっかけでした。まとまった額を会社からいただいたのですが今は使い道が特に無くて。ただ、そのままにしていてももったいないのかなと思い知人に勧めてもらって買いました。満期が来たら「2度目の退職金」といった感じですかね(笑)。
Q.個人向け国債のいいところは?
一番は、やっぱり安全性ですね。私たちの場合、使う予定のないお金を運用しておくのが目的なので、リスクが少なく安全なことは重要視しています。しかも、運用も楽だし、商品性もわかりやすかったので初心者の私たちにはちょうど合っているのかなと。
Q.今後も個人向け国債を買いますか?
まとまったお金じゃなくても買えることを知ったので、今度は変動10年を検討しています。安全性は変わらないですし、ちょっと運用が楽しめるのかなと思いまして。この歳になってやっとお金の使い方をちゃんと考えるようになってきました。

data

PageTop

ケース2「子どもができたので買いました」

Q.個人向け国債を買ったきっかけは?
子どもができたので買いました。はじめての子どもだったので、育児はどうすればいいんだろうとか、教育資金はちゃんと考えておかなきゃとかいろいろ考えていた時にCMをみて興味を持ちました。夫に相談したら「子どものために始めてみよっか」と言ってくれてなんだか嬉しかったです。
Q.個人向け国債のいいところは?
色々ありますよ。まとまったお金じゃなくても買えますし、なにより安心ですしね。あと、まだ子どもも小さいし、いつお金が必要になるかわからないじゃないですか。そんなときに中途換金もできるし。
Q.今後も個人向け国債を買いますか?
子どもが大きくなるまでは定期的に買っていこうかなと思っています。といっても毎月の給料から買うのは大変なので、比較的余裕のあるボーナスのときに買うと思います。夫のお小遣いは少なくなりますが、なんか子どものために二人でちゃんと考えている感じがあって楽しいもんですよ。

data

PageTop

ケース3「過去の失敗から買いました」

Q.個人向け国債を買ったきっかけは?
失敗からなんです(笑)。いろいろ投資商品を試して、それでようやく学んだことが、分散投資。リスクの高い金融商品だけでなくバランスを見て安全性の高い商品を組み合わせることが重要なんだと。いまでは、僕のポートフォリオの一部として重要な位置づけです。
Q.個人向け国債のいいところは?
安全で運用しやすいことですかね。元本や利子の支払いは国からなので安心できるし、一定期間が経過すれば中途換金もできますし。僕は投資が好きなので、分散投資として他の商品との組み合わせで買っているんです。
Q.今後も個人向け国債を買いますか?
個人向け国債もそうですが、新窓販国債も検討しています。もっと短期のものもありますし、それも組み合わせて運用していこうかなとは思っています。

data

PageTop

ケース4「結婚がきっかけですね」

Q.個人向け国債を買ったきっかけは?
結婚がきっかけですかね。結婚がきっかけですかね。ちょうど満期が来たらマイホームを買うことに二人で決めているんですよ。頭金で予定している金額を使っちゃわないように、それで個人向け国債に。お金って、意識しないといつの間にか使っているんですよね(笑)。
Q.個人向け国債のいいところは?
バランスがいい気がします。リスクも少ないのに金利も意外と良かったり、1万円から手軽に始められますしね。投資が初めての僕みたいな人も投資デビューするにはいいんじゃないかな。
Q.今後も個人向け国債を買いますか?
今後もボーナスのときは、買い足そうと考えています。僕の性格上、個人向け国債を買っておいたほうが堅実なのかなと思いまして。やっぱりお金があると使っちゃいますしね。家族が増えるかもしれませんし、まず家を買うまでは着実にいこうと思います。

data

商品概要

半年毎に利率が変わる「変動10年」、利率が満期まで変わらない「固定5年」、「固定3年」の商品概要をご案内します。

発行条件

個人向け国債「変動10年」、「固定5年」、「固定3年」の発行条件をご案内します。

国債を購入される方へ

個人向け国債を購入する際は、毎回の募集期間内に金融機関等で申し込みをしていただくことになります。購入のために必要なものは、購入代金、預金通帳、印鑑等です。

ご注意

国債は証券が発行されず(ペーパーレス)、口座上の記録によって管理されています。初めて国債を購入する場合は、購入する金融機関で国債の取引をするための口座を開設していただく必要があります。
初めて口座を開設するときは、犯罪による収益の移転防止に関する法律に定める書類(運転免許証、健康保険証などの本人確認書類やその他の書類)及び印鑑等が必要になります。

金融機関によっては口座の管理手数料等がかかる場合があります。

  • 発行スケジュール
  • 取扱金融機関一覧
PageTop