現在位置 : トップページ > 国際政策 > 関連資料・データ > 開発途上国に対する資金の流れについて > 2014年(暦年)における日本の開発途上国に対する資金の流れ

2014年(暦年)における日本の開発途上国に対する資金の流れ

平成28年3月15日

財務省

 今般、OECD開発援助委員会(DAC)により、2014暦年の各国の「政府開発援助(ODA)」等の確定値が公表されたところ、財務省では、「政府開発援助(ODA)」、「その他の政府資金(OOF:Other Official Flows)」、「民間資金(PF: Private Flows)」等を、「2014年(暦年)における日本の開発途上国に対する資金の流れ」として取りまとめ、公表します。


1.資金の流れ統計

  • 1支出総額(グロス)

     支出総額は95,688百万ドルとなり、前年に比べ20,375百万ドルの減少となりました(前年比17.6%減)。
  • 2支出純額(ネット)

     支出純額は40,501百万ドルとなり、前年に比べ17,958百万ドルの減少となりました(前年比30.7%減)。

    資金の流れ総計

    01.gif



2.政府開発援助(ODA)

  • 1支出総額(グロス)

     支出総額は15,708百万ドルとなり、前年に比べ6,819百万ドルの減少となりました(前年比30.3%減)。主たる要因は以下のとおりです。
     ・為替がドル高円安方向に推移したことに加え、2013年における大型の債務救済案件という特殊要因がなくなったため。
  • 2支出純額(ネット)

     支出総額の減少を反映して、支出純額は9,266百万ドルとなり、前年に比べ2,315百万ドルの減少となりました(前年比20.0%減)。

    政府開発援助(ODA)

    02.gif



3.その他の政府資金(OOF)

  • 1支出総額(グロス)

     支出総額は5,517百万ドルとなり、前年に比べ1,558百万ドルの減少となりました(前年比22.0%減)。主たる要因は以下のとおりです。
     ・為替がドル高円安方向に推移したことに加え、中南米地域や大洋州地域向けの大型案件の反動減により「直接投資金融等」の供与額が減少したため。
  • 2支出純額(ネット)

     支出総額の減少を反映して、支出純額は▲899百万ドルと日本への資金流入超に転じました。

その他の政府資金(OOF)

03.gif



    4.民間資金(PF)

    • 1支出総額(グロス)

       支出総額は73,996百万ドルとなり、前年に比べ12,007百万ドルの減少となりました(前年比14.0%減)。主たる要因は以下のとおりです。
       ・為替がドル高円安方向に推移したことに加え、2013年におけるアジア地域向けの大型金融案件の反動減により「直接投資」の供与額が減少したため。
    • 2支出純額(ネット)

       支出総額の減少を反映して、支出純額は31,667百万ドルとなり、前年に比べ13,466百万ドルの減少となりました(前年比29.8%減)。

    民間資金(PF)

    04.gif


    (以 上)