現在位置 : トップページ > 国際政策 > 関連資料・データ > 国際収支状況 > 速報 > 平成24年度上期中 国際収支状況(速報)の概要

報道発表

平成24年11月8日

財務省

平成24年度上期中 国際収支状況(速報)の概要

T 経常収支

   

(参考1)国際収支の推移表(PDF形式)
(参考2)季節調整済 国際収支の推移表(PDF形式)

「所得収支」の黒字幅は前年同期比で拡大したものの、「貿易・サービス収支」の赤字幅が拡大したことから、経常収支の黒字幅は4期連続で縮小した(前年同期:4兆6,378億円の黒字)。

1.貿易・サービス収支:▲4兆2,982億円の赤字(前年同期比▲2兆498億円 赤字幅拡大)
「貿易収支」及び「サービス収支」がともに赤字幅を拡大したことから、貿易・サービス収支は赤字幅を拡大した(貿易・サービス収支の赤字は3期連続。赤字額は既往第1位(注)、第2位は平成23年度下期の▲3兆481億円)。

(1) 貿易収支:▲2兆6,191億円の赤字(前年同期比▲1兆3,895億円 赤字幅拡大)
EU、中国向けを中心に輸出が減少し、鉱物性燃料の価格上昇等により輸入が増加した結果、貿易収支は赤字幅を拡大した(赤字額は既往第1位、第2位は平成23年度下期の▲2兆2,401億円)。

@ 輸出:30兆9,820億円(前年同期比▲2,947億円[▲0.9%] 減少)
前年同期比で3期連続の減少(前期:▲2.5%の減少)。
A 輸入:33兆6,011億円(前年同期比+1兆948億円[+3.4%] 増加)
前年同期比で5期連続の増加(前期:+13.2%の増加)。

[参考1] 平成24年度上半期分貿易統計(通関ベース:財務省関税局10月30日付公表)

(1) 輸出:32兆1,590億円(確報値:前年同期比▲6,429億円[▲2.0%] 減少)
@ 「主要地域別」では、対米国(同+7,964億円[+16.6%])、対ASEAN(同+2,437億円[+4.8%])等が増加。一方、対EU(同▲6,177億円[▲16.2%])、対中国(同▲5,295億円[▲8.2%])等が減少。
A 「商品別」では、自動車(同+8,733億円 [+23.5%])、自動車の部分品(同+1,851億円[+12.6%])等が増加。一方、半導体等電子部品(同▲1,520億円 [▲8.3%])、船舶(同▲1,370億円 [▲13.2%])等が減少。

(2) 輸入:35兆3,890億円(9桁速報値:前年同期比+8,943億円[+2.6%] 増加)
@ 「主要地域別」では、対中東(同+3,692億円[+5.8%])、対アフリカ(同+1,722億円[+23.7%])、対中国(同+1,458億円[+2.0%])等が増加。
A 「商品別」では、液化天然ガス(同+5,958億円[+24.5%];数量は+8.7%)、原粗油(同+4,740億円[+8.3%];数量は+8.6%)、通信機(同+2,570億円[+35.2%])等が増加。

[参考2] 原油価格(石油連盟)
@ドルベース:113.98米ドル/バレル(前年同期比+0.0%)
A円ベース:57,249円/キロリットル(前年同期比▲0.2%)

(2) サービス収支:▲1兆6,791億円の赤字(前年同期比▲6,603億円 赤字幅拡大)
「旅行収支」が赤字幅を縮小したものの、「輸送収支」が赤字幅を拡大し、また、「その他サービス収支」が赤字に転じたことから、サービス収支の赤字幅は3期連続で拡大した。

[参考3] 訪日外国人旅行者数:4,417千人(前年同期比+61.6%)
          出国日本人数:9,512千人(前年同期比+12.9%)
          (出典:日本政府観光局(JNTO))

2.所得収支:7兆5,024億円の黒字(前年同期比+1,544億円[+2.1%] 黒字幅拡大)
直接投資にかかる再投資収益の受取増加を主因として、所得収支の黒字幅は4期連続で拡大した。

(注) 上記Tにおける過去の計数との比較は、現行統計で比較可能な昭和60年度上期(増減額及び増減率は昭和61年度上期)以降の数値による。

  

U 資本収支

資本収支:▲5兆6,615億円の流出超(前期:5兆5,270億円の流入超)

1.投資収支・資産(居住者による投資)

(1) 対外直接投資:▲5兆2,249億円の流出超(前期:▲4兆8,265億円の流出超)
本邦企業による海外企業発行株式の取得等がみられ、流出超が継続した。

(2) 対外株式投資(除く証券貸借取引):6,603億円の流入超(前期:1兆2,282億円の流入超)
投資信託等の売り越し幅の縮小を主因として、流入(処分)超幅が縮小した。

(3) 対外中長期債投資(除く証券貸借取引):▲6兆9,416億円の流出超(前期:▲5兆8,673億円の流出超)
生命保険会社の買い越し幅が拡大したこと等により、流出(取得)超幅が拡大した。

2.投資収支・負債(非居住者からの投資)

(1) 対内直接投資:▲815億円の流出超(前期:194億円の流入超)
海外親会社による本邦子会社株式の処分等がみられ、流出超に転化した。

(2) 対内株式投資(除く証券貸借取引):▲1兆2,641億円の流出超(前期:5,562億円の流入超)
電気機器、機械、卸売業などの幅広い業種で売り越しとなり、流出(処分)超に転じた。

(3) 対内中長期債投資(除く証券貸借取引):4兆4,219億円の流入超(前期:▲2兆3,538億円の流出超)
中長期国債が買い越しとなったこと等により、流入(取得)超に転じた。

[参考4] ドル・円相場(インターバンク直物相場・東京市場中心値の期中平均レート)
              79.39円/米ドル(前年同期:79.71円/米ドル、前年同期比0.4%の円高)

           ユーロ・円相場(インターバンク直物相場・東京市場17:00現在レートの期中平均レート) 
               100.49円/ユーロ(前年同期:113.64円/ユーロ、前年同期比11.6%の円高)