現在位置 : トップページ > 国際政策 > 国際開発金融機関(MDBs)〜世界銀行、アジア開発銀行等〜 > 欧州復興開発銀行(EBRD) > 欧州復興開発銀行(EBRD)International Professionals Programme(IPP)採用案内について

欧州復興開発銀行(EBRD)International Professionals Programme(IPP)採用案内について

募集は終了しました。

1.欧州復興開発銀行(EBRD)とは

EBRDは、1991年に設立された国際開発金融機関で、中東欧諸国・旧ソ連下の諸国等の市場経済への移行、民間企業の育成を支援することを目的とし、民間企業及び民営化を指向する国有企業に対する貸付け、株式投資、保証、技術協力等を行っています。
EBRDの詳細については、下記ホームページをご参照下さい。
(英語) EBRD新しいウィンドウで開きます
(日本語) MDBs(国際開発金融機関)の概要

2.インターナショナル・プロフェッショナル・プログラム(IPP)とは

 EBRDは、2011年より若手専門職員育成を目的としたインターナショナル・プロフェッショナル・プログラム(IPP)という採用プログラムを導入し、高いポテンシャルを持つ職員の育成を目指しています。2011年以降、毎年各12名の採用が行われたところ、日本人は2011年、2013年に各1名採用されております。
 <参考> 2013年IPPに採用された日本人の体験談

3.2014年のIPP採用について

 EBRDは、本年、3部局において10名を採用する予定です。雇用期間は、本年9月からの23ヶ月間(うち5ヶ月間は支援対象国の地域事務所に配置される予定)です。詳細については、EBRDホームページ新しいウィンドウで開きますを御参照下さい。
 (応募締切は2014年2月23日(日))

 なお、IPP採用に関するお問い合わせにつきましては、ipp@ebrd.comへ(英語でお問い合わせ下さい)。

(以上)