現在位置 : トップページ > 国際政策 > 国際開発金融機関(MDBs)〜世界銀行、アジア開発銀行等〜 > 欧州復興開発銀行(EBRD) > 欧州復興開発銀行(EBRD)International Professionals Programme(IPP)の応募開始

欧州復興開発銀行(EBRD)International Professionals Programme(IPP)の応募開始

International Professionals Programme (IPP)は、EBRDが実施する若手専門職員育成を目的としたプログラムです。IPPでは、EBRD本部及びEBRD地域事務所でトレーニングを受けながら実務経験を積むことができ、期間終了後にはEBRDの正規職員のポストに応募することが可能です。

2017年は、下記のとおり銀行部門、リスク部門、経済・政策・ガバナンス部門で合計12名の応募が予定されています。ご関心のある方は、各部門のウェブサイトからご応募ください。締め切りは2月27日です。

  
  ○  応募予定部門ウェブサイト
 銀行部門
 https://jobs.ebrd.com/job/London-Analyst%2C-International-Professionals-Programme-Banking/333920401/
 リスク部門
 https://jobs.ebrd.com/job/London-Analyst%2C-International-Professionals-Programme-Risk-Management/333919801/
 経済・政策・ガバナンス部門
 https://jobs.ebrd.com/job/London-Analyst%2C-International-Professionals-Programme-Economics%2C-Policy-and-Governance/333920101/
  ○  期間
 2017年秋から24ヶ月。
  ○  勤務地
 EBRD本部及びEBRD地域事務所。
  ○  応募資格
 
ビジネス関連分野での修士または同等の1〜2年の職務経験。

  <参考>IPPを経てEBRDの正規職員に採用された日本人職員からのメッセージ
 吉田佳世氏 (銀行部門エクイティ・チーム アソシエート・バンカー)

※  EBRDの採用情報全般につきましては、こちらのEBRDウェブサイトをご参照ください。IPPに関する情報は、同サイト内の「International Professionals Programme」に記載がございます。お問い合わせは、EBRD(IPP@ebrd.com)へお願いいたします。また、EBRD東京代表事務所フェイスブックもご利用ください。

                 

欧州復興開発銀行(EBRD)とは

欧州復興開発銀行(EBRD:European Bank for Reconstruction and Development)は、中東欧諸国における市場指向型経済への移行並びに民間及び企業家の自発的活動を支援するために平成3年3月に設立された国際開発金融機関です。

EBRDの加盟国は65か国と2機関(欧州連合(EU:European Union)及び欧州投資銀行(EIB:European Investment Bank)であり、支援対象国は中東欧の旧社会主義国及び旧ソ連構成国、キプロス、ギリシャ、中東・北アフリカ諸国(トルコ・エジプト・ヨルダン・モロッコ・チュニジア)、モンゴルの36か国です。

EBRDの詳細につきましては、EBRDホームページもご参照ください。