現在位置 : トップページ > 国際政策 > 国際開発金融機関(MDBs)〜世界銀行、アジア開発銀行等〜 > 欧州復興開発銀行(EBRD) > 欧州復興開発銀行(EBRD)代表事務所の開設

欧州復興開発銀行(EBRD)代表事務所の開設

EBRD代表事務所

EBRDは平成28年3月14日、欧州域外の支援国で初の代表事務所を東京に開設します。

EBRD代表事務所は、EBRDの支援対象地域への投資に関心を持つ日本企業に対する融資・出資等のビジネス関係を発掘・構築し、またメディアや学術研究機関とも連携しつつ日本企業のEBRDへの理解や認知を高めることを主たる業務とします。

【EBRD代表事務所】
  住所:東京都千代田区丸の内二丁目3番2号 郵船ビルディング7階
  TEL:03-5218-5001

EBRDとは

欧州復興開発銀行(EBRD:European Bank for Reconstruction and Development)は、中東欧諸国における市場指向型経済への移行並びに民間及び企業家の自発的活動を支援するために1991年3月に設立された国際開発金融機関です。

EBRDの加盟国は65か国と2機関(欧州連合(EU:European Union)及び欧州投資銀行(EIB:European Investment Bank)であり、支援対象国は中東欧の旧社会主義国及び旧ソ連構成国、キプロス、ギリシャ、中東・北アフリカ諸国(トルコ・エジプト・ヨルダン・モロッコ・チュニジア)、モンゴルの36か国です。

日本は設立当初からの加盟国であり、米国に次ぐ第2位の出資国(英独仏伊と並ぶ出資割合)です。

EBRDの詳細につきましては、EBRDホームページをご参照下さい。