現在位置 : トップページ > 国際政策 > アジアにおける地域金融協力・二国間支援 > チェンマイ・イニシアティブ(CMI) > 報道発表等 > チェンマイ・イ二シアティブ(CMIM)の改訂契約が発効しました

報道発表

English 印刷用(PDF)

平成26年7月17日

財務省

チェンマイ・イ二シアティブ(CMIM)の改訂契約が発効しました

  1. ASEAN+3の財務大臣・中央銀行総裁及び香港金融管理局長官による金融協力の一つであるチェンマイ・イ二シアティブ(Chiang Mai Initiative Multilateralisation: CMIM)の改訂契約が本日発効しました。

  2. 今般の改訂によるCMIMの機能強化の主な内容は以下のとおりです。
    • CMIMの全体規模の倍増(1,200億ドル→2,400億ドル)
    • 危機予防機能の導入
    • IMFデリンク割合(引出可能上限額に対して、IMFプログラムなしで発動可能な割合)の引上げ(20%→30%)

  3. この改訂により、潜在的に、または実際に直面している資本収支及び短期流動性の困難に対応できるよう、地域の金融セーフティネットの強化がされます。

(別添1) チェンマイ・イニシアティブ(CMIM)改訂の主なポイント
(別添2) CMIM貢献額、買入乗数、引出可能総額、投票権率

(以上)

問い合わせ先

財務省国際局地域協力課

03-3581-4111(内線 5670)