現在位置 : トップページ > 国際政策 > アジアにおける地域金融協力・二国間支援 > チェンマイ・イニシアティブ(CMI)

チェンマイ・イニシアティブ(Chiang Mai Initiative: CMI)

1. 概要

 短期流動性問題への対処、 既存の国際的枠組みの補完、を目的とする、東アジアにおける自助・支援メカニズム。

 1997-98年のアジア通貨危機後、東アジアにおける金融協力の必要性が認識され、2000年5月の第2回ASEAN+3財務大臣会議(於:タイ・チェンマイ)にて、外貨準備を使って短期的な外貨資金の融通を行う二国間の通貨スワップ取極のネットワークであるCMIに合意。

 その後、通貨スワップ発動のための当局間の意志決定の手続きを共通化し、支援の迅速化・円滑化を図るため、2010年3月、CMIのマルチ化契約が締結されました。

(⇒詳細な経緯)

2. 構造

<CMIマルチ化以前>

  •  CMIは、 二国間通貨スワップ取極(BSA)(注)のネットワーク、 ASEANスワップ協定(ASEAN Swap Arrangement: ASA)、により構成されていました。
    (注)Bilateral Swap Arrangement (BSA)。通貨交換(スワップ)の形式によって、短期的な資金の融通を行う取極。

  •  BSAのネットワークとは、「(スワップの発動方法や条件を規定する)基本原則」に基づく通貨スワップ取極をASEAN+3各国が二国間ベースで多数締結するもので、締結相手の選択は各国の判断に任されています。スワップの発動条件は、基本的にIMF融資とリンクしていました。(但し、締結されたスワップ総額の20%まではIMF融資とのリンク無しに発動可能。)

<CMIマルチ化後>

  •  2010年3月、CMIマルチ化契約が発効しました。一本の契約の下で、通貨スワップ発動のための当局間の意思決定の手続きを共通化し、支援の迅速化・円滑化を図るものです。スワップの発動条件は、基本的にIMF融資とリンクしています(但し、締結されたスワップ総額の20%まではIMF融資とのリンク無しに発動可能。)

  •  この際、これまでCMIのネットワークに参加していなかった、ASEAN新規加盟国(ブルネイ、カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナム)を含め、全てのASEAN加盟国と日中韓が参加することとなりました(計13か国)。

図


ASEAN+3(日中韓)財務大臣会議のページへ