現在位置 : トップページ > 国際政策 > アジアにおける地域金融協力・二国間支援 > 二国間通貨スワップ > 二国間通貨スワップの時限的な増額部分の終了について

報道発表

平成24年10月9日

財務省

二国間通貨スワップの時限的な増額部分の終了について

 今般、財務省及び日本銀行は、韓国企画財政部及び韓国銀行との協議の上、日韓通貨スワップの時限的な増額部分(注)を2012年10月31日に予定通り終了することとした。

 日韓両財務当局、中央銀行は、これまでの時限的な増額がグローバルな金融不安の両国経済への波及を抑え、また、韓国の為替市場や地域の金融市場の安定確保にも大きく貢献してきたと認識している。

 足下では、両国の金融市場が安定し、マクロ経済の状況も健全であるとの認識の下、日韓両国は日韓通貨スワップの増額部分の延長は必要がないとの結論に至った。同時に、日韓両国は、日韓及び世界経済の状況を今後注意深くモニターし、必要が生じた場合には適切に協力することにも合意した。

 日本財務省と韓国企画財政部は二国間大臣会談を10月11日に東京で開催することで合意した。

(注) 日本銀行と韓国銀行は、2012年10月末まで有効な時限措置として二国間通貨スワップの上限を30億ドル相当から300億ドル相当に増額。日本財務省と韓国銀行は、チェンマイ・イニシアティブの下での100億ドルの二国間スワップに加え、2012年10月末まで有効な300億ドルの新しいドル・自国通貨のスワップを設定している。

問い合わせ先

国際局地域協力課 Tel 03-3581-4111(内線5669)