現在位置 : トップページ > 国際政策 > 経済協力 > その他

その他

パリクラブ(主要国債権国会合)について

1.パリクラブとは

  • パリクラブとは、債務返済困難に直面した債務国に対し、二国間公的債務の債務救済措置を取り決める非公式な債権国会合。原則として年10回、仏・経済産業雇用省(パリ)で開催されることからこの名前が付いている。
  • 主要債権国19カ国で構成。仏が主催国・議長国を務めており、経済産業雇用省の国庫・経済政策総局内にパリクラブ事務局が設置されている。
  • ※パリクラブメンバー国(19ヶ国)
    日本、アメリカ、フランス、ドイツ、イギリス、イタリア、カナダ(以上G7)、ロシア、アイルランド、オーストラリア、オーストリア、オランダ、スイス、スウェーデン、スペイン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド、ベルギー

2.パリクラブ会合の構成

  1. 一般概観会合(tour d’horizon)
    • 毎月10〜20カ国程度を採り上げ、リスケ会合のための予備議論、リスケ会合後のフォローアップ、延滞状況のレビュー等を行う。
  2. リスケ会合
    • サミット等で合意された債務救済イニシアティブに基づき、個別債務国の債務救済措置を取り決める会合。必要に応じ月1〜2カ国程度開催。
  3. 一般問題会合(methodology)
    • 新たな債務救済スキームの開発や、パリクラブのルールに関する合意形成などを目的とする会合。特定の議題がある場合のみ開催される。

報道発表