現在位置 : トップページ > 国際政策 > 主要な国際会議・二国間協議 > 7か国財務大臣・中央銀行総裁会議(G7) > 7か国財務大臣・中央銀行総裁会議(2014年) > 対ウクライナ経済支援に関するG7財務大臣声明(2014年3月3日)

対ウクライナ経済支援に関するG7財務大臣声明(2014年3月3日)

【仮訳】

 我々は、ウクライナの情勢を注視している。ウクライナにおける新政権への移行は、緊急に必要な市場志向の改革を導入するための、絶好の機会を提供している。こうした改革は、金融の安定を回復し、経済の潜在力を引き出し、ウクライナの人々が経済的な希望をより良く実現することを可能にするだろう。
 我々は、ウクライナに対して強力な金融支援を提供することに、結束してコミットしている。とりわけ、我々は、ウクライナが差し迫った経済的な課題に対処することを、必要な改革を条件として、政策アドバイスや融資を通じて支援することに関し、IMFが引き続き最も準備が整った機関であることに合意する。我々は、IMFが、ウクライナ当局と技術的・政策的な議論を開始するためにチームを今週派遣していることをうれしく思うとともに、IMF専務理事の声明を歓迎する。IMFの支援は、世界銀行や他の国際金融機関、EU、そしてバイの資金からの追加的な支援を引き出す上で、非常に重要であろう。また、我々は、ウクライナが、マクロ経済や規制、腐敗対策における課題に対処することを支援するために、迅速に技術支援を動員することにコミットしている。我々は、関心を有する国際社会の他のメンバーの参加を歓迎する。

 

【原文】

We are closely monitoring the situation in Ukraine. The transition to a new government in Ukraine offers a unique opportunity to put in place urgently needed market-oriented reforms that will restore financial stability, unleash economic potential, and allow Ukraine's people to better achieve their economic aspirations. We are united in our commitment to provide strong financial backing to Ukraine. In particular, we agree that the International Monetary Fund (IMF) remains the institution best prepared to help Ukraine address its immediate economic challenges through policy advice and financing, conditioned on needed reforms. We are pleased that the IMF is sending this week a team to Ukraine to begin technical and policy discussions with the Ukrainian authorities and welcome the Managing Director's statement. IMF support will be critical in unlocking additional assistance from the World Bank, other international financial institutions, the EU, and bilateral sources. We are also committed to mobilize rapid technical assistance to support Ukraine in addressing its macroeconomic, regulatory, and anti-corruption challenges. We welcome the participation of other concerned members of the international community.