現在位置 : トップページ > 国際政策 > 主要な国際会議・二国間協議 > 10か国財務大臣・中央銀行総裁会議(G10)

10か国財務大臣・中央銀行総裁会議(G10)

 G10(10か国財務大臣・中央銀行総裁会議)は、1962年10月にIMFと主要先進10か国(日、米、英、独、仏、伊、加、オランダ、ベルギー、スウェーデン)との間で取り交わされた、一般借入取極(GAB)参加国の財務大臣・中央銀行総裁の会合として発足し、国際通貨制度及び世界経済の諸問題について、必要に応じて長期的研究課題を設定しつつ、意見交換をおこなっています。なお、1984年4月にはスイスがGABに参加し、参加国は11か国となりましたが、現在もG10と称しています。

過去の声明等