現在位置 : トップページ > 国際政策 > 主要な国際会議・二国間協議 > 二国間財務大臣対話等 > 第6回日中財務対話 共同プレスリリース 於:横浜

報道発表

English 印刷用(PDF)

平成29年5月6日

財務省

第6回日中財務対話 共同プレスリリース 於:横浜

  1.   第6回日中財務対話が、麻生太郎・副総理兼財務大臣及び肖捷・中華人民共和国財政部長の共同議長の下、両財務省及び中央銀行幹部の参加を得て、2017年5月6日、日本・横浜で開催された。

  2.   両大臣は、財務対話が、双方にとって重要な意義を持つものであり、両国のマクロ経済情勢及び政策における意思疎通の深化と、金融分野における協力の強化に貢献するとともに、経済及び金融分野における日中の協力関係をより一層推進させるものであるという見解で一致した。

  3.   両大臣は、両国が抱える構造問題に対する取組みの共有を通じ、積極的に経済を構造転換する必要性を認識し、マクロ経済政策における意思疎通及び協力を強化するとともに、国際経済・金融に係る主要な問題における協議を継続するというコミットメントを再確認した。

  4.   両大臣は、両国間の金融分野における実務的な協力をさらに深化し、金融協力を拡大し、並びに両国の経済、貿易及び投資の分野における協力を支援する必要性を強調した。

  5.   両大臣は、直前に開催されたASEAN+3財務大臣・中央銀行総裁会議、日中韓財務大臣・中央銀行総裁会議が成功裏に開催されたことを歓迎し、今後も両国が緊密に連携することを確認した。

  6.   両大臣は、来年、中国において第7回日中財務対話を開催することに合意した。両大臣は、相互に関心を持っている事項に関する共同研究を立ち上げ、その結果を財務対話に報告することに合意した。