現在位置 : トップページ > 国際政策 > 主要な国際会議・二国間協議 > ASEAN+3(日中韓)財務大臣会議

ASEAN+3(日中韓)財務大臣・中央銀行総裁会議

English

 1997年夏に始まったアジア通貨危機を契機に、地域協力の必要性が強く認識され、1997年12月に、マレーシアのクアラルンプールにおいて第1回ASEAN+3(日中韓)首脳会議が開催されました。その後、幅広く東アジアの通貨・金融問題を議論するため、ASEAN+3の枠組みにおける閣僚レベルの会議としては他に先駆けて、財務大臣会議が設けられ、1999年から毎年開催されています(原則としてアジア開発銀行年次総会時に開催)。

 また、2012年より、大臣会議へ中央銀行総裁が参加し、「ASEAN+3財務大臣・中央銀行総裁会議」とすることに合意しました。 
 なお、ASEAN+3の参加国は日本、中国、韓国及びASEAN加盟10か国(※)の計13か国です。

 ※ ブルネイ、カンボジア、インドネシア、ラオス、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム


過去の声明等


Get Adobe Reader

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方、正しく表示されない方は最新版をダウンロードしてからご覧下さい。